<< 新しい景色 Cerdon >>

Galette Bretonne

新しい土地に来たなら、まずはその土地のお菓子から入るのが、礼儀というか、何というか‥…
その土地に敬意を表しているような気がしませんか?

e0228108_001739.jpg


私は生粋のエシレっ子で、フランスに来てからはほとんどそれしか使ったことしかなかったのですが、エシレってブルターニュのバターではなくて、ご近所のポワトュー・シャラントが産地なんですよね。

パリではどこのチーズ屋さんでもエシレは購入できるし、モノプリ系の大手スーパでも扱っているので、手に入れるのは比較的簡単でした。

そうして今年、バター王国のブルターニュにやってきた私は、どこのチーズ屋さんでもエシレバターを見かけないのでびっくり仰天しました。(現在はどうにか見つけましたけど‥…)

その代わり、この地方で作られているフレッシュなバターがたくさん並んでいるのです。
そんな所にブルトン(ブルターニュの人々)の心意気を感じますよね♪

今回は、そんなブルターニュのフレッシュなバターを使ってガレットを焼いてみました。

e0228108_01585.jpg


バターはもちろんdemi-sel、生地に手作りのレモンピールを混ぜ込んでいます。

粉はT45の薄力粉(日本では中力粉にあたるそうです)に、リスのマルシェで仕入れたブルターニュ産の石臼で挽いた強力粉を20パーセントブレンドしています。

結果は‥…もっちろん美味しかったですよ!

でも、底が焦げているのは、バターのせいでも、粉のせいでもなくて、オーブンのせいだと言いたいところですが、それはまだ新しいオーブンに慣れていない私のせいだということです。

実はこのバター、エシレよりも高価で、その他に試したブルターニュのバターよりずっと洗練されていましたが、やっぱりエシレの香り高さには叶わないと思いました。

でも、このバター、美味しいのは分かったけれど、どうしてそんなに高価なのか、今度、お店の人に聞いてみようと思っています。
[PR]
by kuma-rennes | 2011-02-22 00:11 | お菓子作り
<< 新しい景色 Cerdon >>