<< Jalousiesーりんご入り... 豚の舌 >>

エイの焦がしバター

今日もお料理です♪

クールブイヨンで煮たエイの皮をはがして、焦がしバターをかけていただくシンプルな料理です。

レストランよりも、ビストロやブラッスリーでよく見かけますが、ふいに食べたくなるので、2、3ヶ月に一度は作ります。
e0228108_0205835.jpg

ケッパーは欠かせないアクセントで、食べる直前にレモン汁をギュッと絞ります。

添え物は茹でただけのジャガイモですが、これがまた美味しいんですよね〜。

そして今回、パンを買いに行くのが面倒で、多めに作ったクールブイヨンでバターライスを炊いてみたら、それがとっても美味しくて気に入りました。
ブイヨンに使った香味野菜も細かく切って加えてあります。



それから、ガレットブルトンヌの生地でタルトを作るつもりでいたら、お目当てのリュバーブがマルシェで見つからず、苺もまだ固くて美味しくないので、仕方なくトマトスリーズ(ミニトマト)と合わせてみました。

トマトのタルトって、前菜や軽食ではあるけれど、本物のデザートにしてしまえ!と思ったのです。

e0228108_0221846.jpg

でも、トマトってやっぱり野菜なんですね。。。

甘くすると、私は”青臭さ”が気になって、あんまり美味しく感じませんでした。
(コパンは悪くないと言って食べてましたが‥…)



これからもめげずに色々と試してみようと思います!
[PR]
by kuma-rennes | 2011-02-27 00:28 | 料理 | Comments(2)
Commented by たろちょん at 2011-02-27 23:05 x
エイってどんな食感なんでしょうか?
見た目から想像すると・・・サメみたいな感じかしら???
それとも筋肉の構造が違うのかな???

トマトのタルト、くまさんのアイディアに脱帽です!!
日本だとトマト専門のスイーツショップもあるみたいですが、フルーツトマトみたいに糖度の高いものほど、加熱すると青臭さが際立つような気がします。
セミドライくらいに水分抜いてからお菓子に参加させたらおいしくなるかなあ・・・?なんて考えつつ、チャレンジする勇気がない私は、やっぱりトマトは生で食べてしまいそうです。。。
Commented by kuma-rennes at 2011-02-27 23:51
たろちょんさんはサメのフカヒレはよく食べてますもんね♪
ちょっと繊維質で、サメと似たような感はなきにもあらずです。
中の骨が軟骨質なので、ポキポキ食べられるんですよ。
身は両面をそぐようにして食べます。

タルトの方は、折りパイかブリゼ生地で塩味にすれば良かったのですが、ガレットの生地を使いたかったので無理矢理やっちゃいました。
せめてシロップ煮にすれば良かったです。
セミドライも面白いですね♪
<< Jalousiesーりんご入り... 豚の舌 >>