<< Pain de sucre エイの焦がしバター >>

Jalousiesーりんご入りのパイー

折りパイのお菓子が食べたかったのと、マルシェでりんごを仕入れたのとで、りんごのパイを作りました。

私がお菓子に使うりんごは大抵がゴールデンなんですが、お店によってはなかったりもするので、そういう時は「火にかける用ね。」とお店の人にひと言付け加えます。

そうして渡された今回のりんごはJAZZという種類で、生で食べてもシャリシャリと食べやすく、酸味と甘みのバランスもとれていました。火にかけてもあまり煮くずれなくて、これはこれで美味しいと思います。
e0228108_0234515.jpg
e0228108_027214.jpg
パイ生地の方は、T45の粉とブルターニュの強力粉を半々でブレンドしたので、色が薄茶になっています。

生地に折り込んだバターは、先週のガレット・ブルトンヌに使用したものと同じブルターニュ産のフレッシュバターです。(今回はナチュラルで)

買う時にお店の人に「どうしてお宅のバターは他より高価なのか?」質問してみたところ、
「うちは大量生産じゃなくて、お父さんが作っているから。」と可愛い娘さんが答えてくれました。

あんまり答えになっていないけれど、そこのバターは確かに美味しいので、とにかくとても手間がかかっているということですね、きっと。。。

粉をブレンドして生地に主張を出したので、りんごのソテーにはきび砂糖を使いました。
もちろんカルヴァドスで香りづけしています♪

今回は焼き加減もうまくいったし、食べてみたら物凄く美味しかったんですよ!!
e0228108_030719.jpg

お菓子を作る人はみんなそうだと思うけれど、私は自分の作ったお菓子が世界で一番好きです。

そうそう、タイトルのジャルジーというのは、フランスの家のよろい戸のことで、蛇腹模様が似ているからだそうです。
コルドン・ブルーのサブリナ2の製菓本のレシピを参考にしました♪
[PR]
by kuma-rennes | 2011-02-28 00:39 | お菓子作り | Comments(2)
Commented by moko-scafe at 2011-03-22 10:13
産地に近いブルターニュでエシレバターが手に入りにくいだなんて、その土地の人の思いが感じられますね! くまさんが買われているムッシュ手作りのバター、高価なのにパイ生地にたっぷり使われて・・・美味しかったでしょうね~。「自分のお菓子が世界一」というのも頷けます。 私は世界一ではありませんが、やっぱり自分手作りのお菓子はマレーシア一?大好きですもの。笑

それにしても、バターにお粉、チョコレートにバニラビーンズ!こうしたいい素材が揃っているフランスでは、お菓子、特に焼き菓子はさぞかし美味しいことでしょう。 こちらでは全然手に入らなくて、限られた輸入品かなぁ(バニラビーンズなんて鞘ごとでは絶対に見かけません)。。。 現地の人には、フルーツがよく食べられますが、やっぱりその土地その土地に適った味と食べ物があるのでしょうねぇ。
Commented by kuma-rennes at 2011-03-22 20:46
そうなんですよ!エシレバターが見つからなかった当初は、正直ちょっと焦ったけれど、同時にブルターニュの人って格好いいなと思いました。

ブルターニュはもちろんフランスなので、フランス菓子を作る材料に基本問題はありませんが、自分がこだわっている材料は手に入るのかどうか分からないので、この間、パリに行った時に大量に仕入れてきました。
けれど、毎回毎回そんなこともできないので、これからこの土地で見つけていかなくちゃいけませんね。
そう云う意味で、これから自分がどうするのかちょっと楽しみなんですよ♪

過去の記事もきちんと読んでくださって、どうもありがとうございました。とっても嬉しかったです♪
<< Pain de sucre エイの焦がしバター >>