「ほっ」と。キャンペーン
<< クレープ屋さん Expo.MONDRIAN >>

La Pâtisserie des Rêves

エクスポジションンの後は、お菓子を買って帰ることにしました。

トロカデロにあるカレットか、フィリップ・コンティチーニ氏のラ・パティスリー・デ・レーヴかとても迷ったのですが、16区に新しく出来た2号店のショップにはまだ行ったことがなかったので、今回はパティスリー・デ・レーヴにしました。

普通のお店はガラス張りで、ある程度商品や店内の雰囲気を表に見せるものですが、ここはみんながわざわざ買いにくる人気店だからか、16区だからか、そういうアピールの少ない物件を選んだところがすごいと思いました。
e0228108_05878.jpg
中に入ってもすぐ階段になっているので、店内がどういう感じなのか、外側からは分からないんですよ。


そしてこの日は日曜日で、日曜日限定のミル・フォイユがあったので、迷わずそれにしました。
e0228108_13717.jpg

このミル・フォイユだけは店内でデモンストレーションして組み立ててくれます。

その晩は6人で食事することになっていたので、大きなミル・フォイユひとつと、あとは翌朝の朝食用にクイニーアマンとショソン・オ・ポム(りんごのパイ包み)を幾つか買って帰りました。

本当は併設のサロンドテでお茶もしていきたかったけれど、4月までお休みということで残念でした。



食べてみたら、パイ生地が物凄く美味しくて、こんなに印象的な食感は初めてだと思いました。
非常にパリパリしていて、噛んでも口の中で抵抗して刺さるくらい主張があります。

ショソンも初めて食べたけれど、やっぱり生地がパリパリして美味しかったな〜。
この生地がまた妙に癖になる感じで、今でも「また食べた〜い!」と思う程です。

これぞまさしく”夢のお菓子屋さん”だと思いました♪
[PR]
by kuma-rennes | 2011-03-10 01:12 | 美味しいお店/レストラン | Comments(0)
<< クレープ屋さん Expo.MONDRIAN >>