<< レンヌ散策1 桜あんぱんとマカロン >>

桜とセルドンのスフレ

まだまだ桜のお菓子は続きます。

でもその前に、ちらし寿司を作って、その中にも桜の花の塩漬けを加えました。
見た目では分からないけれど、食べるとほんのり桜が香って春らしさを感じました。
e0228108_4242913.jpg

中の具は、かんぴょうにタケノコ、高野豆腐に椎茸、人参です。
これは鰹節を削って出汁をとることから始めたので、なんだかんだ朝から夕方までかかりました。
けれど、何といっても手長海老が美味しかったですね♪



そして、その時に飲んだロゼのセルドン(フランスのジュラ地方の発泡酒)と桜の塩漬けを使ってスフレを作ってみました。
e0228108_426302.jpg

スフレの生地にもセルドンは入れていますが、そんなには香らないので、食べる時に直接セルドンをかけると一層美味しくなりました。
桜の風味もきちんとして、この組み合わせはなかなかのものだと思いました。

久しく桜のお菓子を食べていなかったけれど、桜はやはり素材としても大変素晴らしいと再実感しました。
フランスにも桜はあるので、八重桜の咲き出す頃になったら、今年は自分で桜の花の塩漬けを作ることに決めました。

ないとか、できないとか‥…初めから諦めていたような気がします。
色んな出会いやきっかけが、自分の可能性を広げてくれるのだと改めて思いました。

桜の塩漬けをくれた友人に感謝です!!
[PR]
by kuma-rennes | 2011-04-01 04:46 | お菓子作り
<< レンヌ散策1 桜あんぱんとマカロン >>