<< QuicheとMaconのワイン 食パン >>

フレジエ

この週末はマルシェで苺を仕入れて絶対にフレジエを作ろうと思っていたところに、パリから急にお客様がいらっしゃることになったので、丁度よい機会となりました。

そして今年ラストの桜シリーズとして、ジェノワーズには桜の花を混ぜています。
クリームはムースリーヌ(カスタード+バター)で、シロップと共にフランボワーズのキルシュで香り付けしています。

表面は本当は苺のジュレで赤い層にしたかったのですが、色々と問題があって(セルクルの高さが足りなくなったとか、苺をたくさん買い過ぎたとか‥…)結局、苺てんこ盛りで行きました!!
e0228108_0124572.jpg

これはとにかく、食べる少し前に冷蔵庫から出しておいて、クリームが丁度いい口溶けとなるようにタイミングを見計らうのが重要だと思います。
あとはやはり前日に作っておいて、全体の味がうまく馴染むようにしておくこと‥…どんなアントルメにも言えることですよね♪

今はまだお客様待ちのゆったりとした時間ですが、この後の私は物凄く忙しくなって、多分、フレジエを冷蔵庫から出すのを忘れてしまうんでしょう。。。はい、よくあることです!
[PR]
by kuma-rennes | 2011-04-04 00:16 | お菓子作り | Comments(3)
Commented by lotus at 2011-04-04 13:21 x
あ~いいですね!これぞまさしく、フランス菓子。見ただけでウキウキしてきます。
フレジエⅠということはⅡⅢⅣもあると期待していいですか?


桜の塩漬、私がお持ちした物だったんですね!こんな風に素敵なお菓子達に役立てもらって光栄ですo(^-^)o
Commented by lotus at 2011-04-04 19:05 x
フレジエのエが、数字のⅠに見えちゃって
とんちんかんなコメントを残してしまいました。
でもでも是非ⅡⅢⅣを作って下さいね!
Commented by kuma-rennes at 2011-04-04 19:18
もっちろん、まだ何回か作るつもりです!!
実際、タイトルに1とかⅠをつけようか迷ったんですよ。
lotusさんは私のしつこい性格をよくご存知だと思ってましたー。

いただいた桜の塩漬け、これでぜーんぶ美味しくいただきました。
ごちそうさまでした♪


<< QuicheとMaconのワイン 食パン >>