<< 中央マルシェ フレジエ2 >>

オイルサーディン

週末のマルシェで買ったイワシをオイルサーディンにしました。(写真は火にかける前です。)
e0228108_4433362.jpg

うちの出刃と刺身包丁は左利き専用のため、魚を捌くのはいつもコパンにお願いしていますが、このイワシだけは手開きで処理できるので、私がやっています。

まず、頭を切り落として、内蔵を取り出すのにお腹に切れ目を入れる時に、下の穴から内蔵だか糞だかが出てくると、「おおっ!お前も元気に生きていたんだね。」と感動して、何とも言えずに嬉しくなります。(私ってちょっと変???)

話を戻して、フィレにしたイワシにオリーブオイルをかけて、粗塩、胡椒の粒、ハーブに白ワインを少々振りかけてオーブンで軽く焼くと、とっても美味しいオイルサーディンが出来上がります。
e0228108_4454527.jpg

そのまま食べてもいいし、パスタやサラダに入れてもいいので、作っておくと便利な一品です。


天気がいいと、コパンはマルシェの後にとっととゴルフに出掛けてしまうので、そういう時は魚屋さんで捌いてもらいますが、リスのマルシェの魚屋さんは、店の脇に捌くのを専門にやっている人がいて、買った魚をそこに持っていって捌いてもらいます。
e0228108_4483292.jpg
日本人から見て、決して物凄く上手だとは言えないけれど、一生懸命にやってくれているのはよく分かります。

この日は舌平目の皮を剥いてもらいましたが、ハサミで切れ目を入れて、布を使って綺麗にとってくれました♪
[PR]
by kuma-rennes | 2011-04-12 04:54 | 料理
<< 中央マルシェ フレジエ2 >>