<< Cidre Bouché Eglise Notre-Da... >>

苺のシャルロット

旬の苺を満喫しようと苺のシャルロットを作りました。

これはコルドン・ブルーのサブリナ2のレシピからです。
e0228108_013481.jpg

周りのジョコンド生地は本当はピスタチオ風味でグリーンなんですが、ピスタチオペーストが切れていたので、抹茶で代用しました。
苺と抹茶ならば合わないこともないですよね♪

底と真ん中にはアーモンドパウダー入りのビスキュイ・ア・ラ・キュイエールを敷き、苺のムースを挟んでいます。
ムースは苺のピュレにホイップクリームとイタリアン・メレンゲでふんわりさせていますが、板ゼラチンの量が意外と多いです。

これは見た目が綺麗なので毎年一回は作るようにしていますが、味の方はけっこう単純なので、ここにもリュバーブのコンポートを加えたら良かったかなと後で思いました。
でもそうすると、抹茶よりもピスタチオ風味のジョコンド生地がやはりいいですね。
e0228108_035093.jpg
苺は今回もガリゲット。
ブルターニュでも苺はたくさん栽培されていますが、ガリゲットと比べると少々味が劣ります。
小振りだったので、切らずにそのまま載っけたら、切り分ける時にポロポロこぼれましたが、こんなのも手作りの楽しさだと思いました。

近所のマルシェに行く時に、あちこちの庭で花がたくさん咲いているので、道路をジグザクに渡りながら見て歩くのが今の時季はとても楽しいです。e0228108_06595.jpg
[PR]
by kuma-rennes | 2011-04-23 00:12 | お菓子作り
<< Cidre Bouché Eglise Notre-Da... >>