<< Soupe de poissons 鯛飯 >>

Pithiviers

ピティヴィエというオルレアン地方の焼き菓子を作ってみました。

レシピはコルドンブルーから。

本の写真を初めて見た時からの一目惚れで、いつか作ってみたいと思っていましたが、自分でやるとそう簡単にはいかないものだとつくづく分かりました。

これは亀でも手裏剣でもなく、お花です。
e0228108_0165550.jpg

本来は中央がもっと盛り上がって、花びらの内側にもうワンクッションラインがはいるはずなんですが‥…自分でもそうしたつもりなんですが‥…上下の生地をきちんと接着しなかったせいで、クリームが流れ出して全体が平らになってしまいました。

でも、花びらの部分にもクリームが流れ込んで(しまって)、食べる分には嬉しい♪と思いました。

内容はほとんどガレット・デ・ロアと同じで、フェーブが入っていないだけですね。

私もコパンもガレット・デ・ロアが大好きで、年始しか食べないことに内心不満だったので、そういう意味ではこのピティヴィエを作れば一年中食べられるのが嬉しいと思いました。

生地は普通の折りパイですが、4分の1だけブルターニュ産の強力粉を使って風味をだしました。
バターはエシレ。

レシピでは、クリームはアーモンドクリームのみでしたが、私はカスタードクリームも加えてフランジパーヌにしました。
e0228108_0182759.jpg
切り分けるとハート型になりました♪
[PR]
by kuma-rennes | 2011-05-28 00:23 | お菓子作り | Comments(0)
<< Soupe de poissons 鯛飯 >>