<< 本物のカマンベールチーズ エクレア >>

Ploua

レンヌから北西に130キロ向かった海沿いの町、プルーアに行ってきました。
パリの友人がそこに家を持っていて、毎年遊びに呼んでもらうのも今年で3回目となります。
そこでの一番の楽しみは、何といってもその家のテラスからの眺めで、海の目の前なんですよ。
e0228108_415251.jpg


それから今年も甲殻類のvivier(ヴィヴィエ=いけすの販売所)に連れていってもらって、牡蠣やオマール海老を2匹も買ってくれました。
e0228108_4202072.jpg


お昼を食べた後はその人の船に乗せてもらって釣りもしましたが、そっちの方はさっぱりだったので次回に期待しようと思います。

e0228108_4175436.jpg

夕食には、いけすで仕入れたオマール海老をいただきましたが、その料理法が何ともダイナミックでびっくりしました!!
動いているオマール海老にいきなり包丁をあてて真っぷたつに割いたので、海老の脚同様、横で見ている私も思わずもがいてしまいました。

それをバーベQ用のグリルで焼いて、切った時に取り出しておいた内蔵を使って、チャッチャッとソースを作ってくれました。それも超!適当な感じでしたが、とても美味しかったです。

今回は日帰りで朝早く出て夜遅く帰るという(コパンには)ちょっとハードな一日でしたが、海が満喫できたとても楽しい一日でした。
[PR]
by kuma-rennes | 2011-06-03 04:41 | 旅行/散策 | Comments(2)
Commented by たろちょん at 2011-06-04 15:13 x
わあっ☆豪快な漁師の料理みたいですね!!
素材がいいから、かえって粗っぽいやり方のほうが美味しさが引き立つのかも☆
オマール海老、うらやましいです♪
こちらもようやく気温が高くなり、海の景色が恋しい季節にちかづいてきました。
Commented by kuma-rennes at 2011-06-04 23:09
もう本当に豪快でね、実は頭の真ん中に当てた包丁の柄がなくて、(とれちゃったそうです!)刃の根元を手で持って押さえて、トンカチでトンットンットンってたたくんですよ。
茹でないことにも驚きでしたが、トンカチで叩いていた時にはもう大笑いしていました。
この日は3人で2匹のオマール海老だったので、結局、私がまるまる一匹食べてしまいました!!

たろちょんさんも外に出掛けたらきっといい気分転換になると思いますよ♪
<< 本物のカマンベールチーズ エクレア >>