<< 森の中 手打ちパスタ >>

Nid d'abeilles

コルドンブルーのレシピから、二・ダベイユ=蜂の巣という名の蜂蜜のムースを作りました。
これは私の大好きなケーキなので、桃の出回る季節になると、早く食べたくてウズウズしてきます。
e0228108_3543559.jpg

構成は、3段のビスキュイ・ア・ラ・キュイエールの間に蜂蜜のムースを敷き、桜桃の蜂蜜煮、フランボワーズのクーリを散らしています。
ビスキュイは本来はダックワース生地なんですが、私の独断と偏見で普通のビスキュイにしました。
フランボワーズのクーリも、生の木苺を使うのが本当です。

表面はイタリアンメレンゲで蜂の巣の格子模様を描き、その間にアプリコットのジャムを埋めました。
レシピではアプリコットナパージュに蜂蜜をつかったグラサージュとなっていますが、せっかく杏のジャムを作ったので、100%ジャムで決行しました。

最後にアーモンドのヌガーを側面に貼付けてできあがりです。
e0228108_356524.jpg

随分アレンジをしてしまって、桜桃よりも杏が前に出てしまったので、全体のバランスはどうなるかと少し心配でしたが、食べたら細かいことは気にならないで美味しくいただきました♪
[PR]
by kuma-rennes | 2011-06-11 04:15 | お菓子作り | Comments(4)
Commented by lotus at 2011-06-12 19:00 x
わ~、ニ・タベイユだ!
お菓子作りをはじめた初期に一度だけ作ったことがあるけどかな~り手間がかった記憶しか残ってましぇん。なんかそれが強烈でその後作ろうとしてないんですが、食べるのなら大歓迎!
きれいに出来ていて美味しそう。
Commented by kuma-rennes at 2011-06-12 22:57
このレシピ、面白いな〜と思ったのが、ムースに粉が入っているところなんですよね。多分、濃度をつけてダックワーズ生地とのバランスをとっているのだと思いますが、甘さでも強弱をつけていて、グラニュー糖は使わないで蜂蜜だけの淡い甘さなんですよね。
私はビスキュイアラキュイエールにしてしまいましたが、周囲のアーモンドヌガーも、ダックワーズとアーモンドつながりでリエゾンしているんですよね。
レシピって、非常によく考えられているものが多いと改めて思いました。

これは大好きなので、食べたい気持が面倒な気持を越えて作るのは全然億劫に感じないんですよ。
でも、いつも2日に分けて作ります♪
Commented by moko-scafe at 2011-06-12 23:05
素敵~!
複雑な構成のケーキですね~☆
手間ひまかかってそうです!
断面図が見たいところだわ~(^-^-)。
Commented by kuma-rennes at 2011-06-13 01:52
これはムースがワンタイプなのでそれ程複雑な構成ではないのですが、最後にイタメレでデコしたり、アーモンドヌガーを貼付けるので、ちょっと手間がかかるような気がするんですよね♪

断面は、中の桜桃の黄色とフランボワーズのクーリの赤色がムースの黄味がかったホワイトに映えて模様を描いたように綺麗です。

でも、切る時にヌガーがバラバラになってしまいました〜!!
<< 森の中 手打ちパスタ >>