「ほっ」と。キャンペーン
<< 作ったお菓子 Cancale >>

食べたもの2

お店のお菓子も幾つか‥…

チーズ屋さんで母が興味を示したtortue fromage。
真っ黒な表面を亀(tortue)の甲羅に見立てたチーズケーキで、これはブルターニュというより、お隣のポワトュー・シャラント地方が発祥のようです。亀は”幸福”のシンボルなので、結婚式などのお祝いの席で配られためでたいお菓子なのだそうです。
e0228108_563088.jpg

今回は牛のチーズを使ったものでしたが、前に食べた山羊のチーズで作ったケーキもとても美味しかったです。食べるととても軽くて、中身は意外としっとりとしているのでとても食べやすいのでおすすめです。

もうひとつはLE DANIELでテイクアウトしたお菓子です。
手前はりんごのショーソンに抹茶とフランボワーズのマフィン。
奥はパウンドケーキで、右奥はイタリアのパン菓子のパネトーネです。
e0228108_585233.jpg

特に美味しかったのはパネトーネで、具沢山でとってもリッチでした。
[PR]
by kuma-rennes | 2011-06-28 05:01 | 美味しいお店/レストラン | Comments(3)
Commented by moko-scafe at 2011-06-29 23:54
kumaさん、こんばんわ☆
山羊のケーキ!以前オーボンビュータンさんで見かけたことがあったのですが、口にしたことがなくって興味深々です。 初めて目にする方には、何だこれは!?という感じのケーキですよね。笑

ところで、最近マカロンの練習をしているのですが、なかなかうまくいかなくって・・・。 ピエも出ず、表面もひび割れてかなり撃沈続きです。 何ででしょう~kumaさ~ん><!? 粉糖も一応100%のもののはずなのですが、店員さんが微妙に分かってるか怪しい。 マカロナージュもいい具合にできてる気はするので、乾燥が原因かな。 なかなか乾燥しないので、クーラーを入れたお部屋で2時間ぐらい乾かしているのですが(フレンチメレンゲのマカロン)。。。

なんか長々と相談ごとみたいになっちゃってごめんなさい。 オーブンや環境によっても違うので、色々と自分で試して原因を究明するしかないですよね!では~(^0^-)。
Commented by kuma-rennes at 2011-06-30 04:55
マカロン。。。人にアドヴァイスできる程の腕前ではないのですが、まず、ピエを出すにはある程度高温にして下火を強くするといいんですよ。でも、そのまま焼くと中身がピエに出てしまって空洞になりやすいです。それと焼き色がついてしまうので、高温から低温に下げることが多いですね。
それからひび割れは乾燥不足かマカロナージュのし過ぎではないでしょうか?
まず、マレーシアは湿度が高いのでマカロン作りは根本的に難しいと思うのですが、せめて雨期には作るのを避けた方がいいし、扇風機の風をあてるのもひとつの手だと思います。
あと、粉等は私はコーンスターチ入りのを使っていますが、問題ありませんよ。
マカロン作りが難しいと言われているのは、ひとつひとつの作業の見極めもそうですが、環境(気候やオーブン)に対してどれくらい対応できるか、それを見極めるのもとても難しいと思います。
私のマカロンはまだまだ空洞ができることもあるし、完璧なマカロンとは言えないのですが、私自身が食感と味わいにおいて美味しいと思うマカロンを作れればいいと思っているので、もこさんも気長に自分のマカロン作りをしていけばいいと思いますよ♪
Commented by moko-scafe at 2011-06-30 23:19
kumaさん、こんばんわ~☆ マカロンのアドバイス、どうもありがとうございます♪ kumaさんはコーンスターチ入りでも大丈夫なのですね!それは心強い情報です。 きっと乾燥不足かマカロナージュに問題ありなのでしょう。か焼成温度・・・。 今日も焼こうと張り切っていたのですが、時間がなくT-T また気長に頑張ります♪

色々なケーキ、美味しそうですね~!
<< 作ったお菓子 Cancale >>