<< 5大シャトー St.Emilion >>

St.Savin

旅の4日目は、私とコパンは本当はレンヌに戻る気満々でいたのですが、道連れ(!?)の方はもっと遊ぶ気満々だったので、結局、もう一泊することになりました。

訪れたのは、Poitiers(ポアチエ)から東に44キロ進んだサン・サヴァンという小さな町です。
でも、その前にわざわざLa Rochelleの港町に寄り道して、お昼に甲殻類を堪能するという行動をとったので、サン・サヴァンに着いたのは夕方の6時を回っていました。

さて、サン・サヴァンと聞いて、すぐに分る人は相当の通ではないかと思うのですが、ここにはユネスコの世界遺産に登録されている修道院の壁画があるんです。
私は今回、初めてその町の名も壁画の存在も知ったのですが、行ってみると、本当にとても綺麗でした!
e0228108_5232353.jpg

修道院の外観はあまりパッとしない感じで「こんなところまではるばるやってきたけれど、大丈夫だろうか!?」という疑問がみんなの胸にあったと思いますが、中はとても静かで、その静寂の中に自分をおくと心が澄み渡るような気持になりました。
天井の壁画は想像以上に明るい色彩で、柱もそれぞれの模様が描かれているのが面白いと思いました。そうして、現在進行形で物凄く手入れや修復がされているんですよね。
私はそういう長い年月をかけた人の努力の足跡や息づかいを感じるのがとても好きです。
e0228108_526785.jpg

壁画には、ノアの箱船やイスラエルの兵士の絵が描かれています。

修道院を後にして、予約していたホテルがそこから少し離れた場所にあったので、急いで向かうところでしたが、コパンが”13世紀の古い橋”という道案内の看板に気付いてしまったので、また寄り道をすることになりました。
e0228108_528792.jpg

が、寄り道して正解。
川の向うに見える修道院がとっても素晴らしかったこと!!!

コパンはやっぱり景色ハンターだと思いました。
[PR]
by kuma-rennes | 2011-07-25 05:36 | 旅行/散策 | Comments(0)
<< 5大シャトー St.Emilion >>