<< オマール海老のオレンジソース 肉まん >>

フレジエ3

ここ数日、餅だの肉まんだの作っていたら、デザートのない日が続いてしまいました。
デザートがない日が続くと、私は禁断症状が表れてくるんです。
しかも、自分で作ったお菓子じゃないと治まらないから厄介です。

それで今日は何か作らなければ‥…と目をギラギラさせてリスのマルシェを歩いていると、苺がずらりと並んだお店に遭遇しました。

フランスではまだまだ苺が食べられて、しかも後半はマラ・デ・ボアという美味しい品種が出てくるので、
今年はもう終わりだと思っていたフレジエをもう一度作ることにしました。

マラ・デ・ボアはぼってりとした愛嬌のある丸い形で、ジューシーなガリゲットに比べて肉厚で味が濃いので、お菓子作りに使うと他の苺より主張がでていいと思います。
私はこれで作ったジャムが大好きなんですよね♪
e0228108_140172.jpg

ケーキの方は、今回はスクエア型で作ったのでちょっとはフレジエらしくなったかなと思います。
(その割にエッジが効いていないけれど。。)

苺とクレーム・ムースリーヌ(カスタード+バター)をジェノワーズで挟み、表面はフランボワーズのジュレで層にしようと思ったのですが、毎度のように高さが足りなくなったので、クレーム・ムースリーヌを薄く塗って、フランボワーズのソースで適当にデコしました。

上にフランボワーズのジュレがあるのとないのとでは、味のバランスが大きく変わってしまうので、本当に残念でした。

苺の上部はけっこう切り落としているつもりなのだけど、まだまだ足りないか、ジェノワーズをもっと薄くすべきか、それとも、もっと生地を押し込むべきだったのか‥…
来年はもう少し納得のいくものを作りたいと思います。

でも、久しぶりのフレジエ、食べるのが楽しみです〜♪
[PR]
by kuma-rennes | 2011-08-14 01:45 | お菓子作り | Comments(4)
Commented by lotus at 2011-08-14 13:59 x
素敵ですね~。スクエア型がクール!

セルクルの高さが足りない時、あります、あります!
足りないのに気づいた時は組み立てが進んでいるからトップを変えざるをえないんでんすよね。


でもこのフレジエは~味のバランスは分からないけど~デコレーションはすごくスタイリッシュで十分だと思いました。
まだ美味しい苺がたべれるなんて羨ましいな。
Commented by kuma-rennes at 2011-08-14 18:26
苦肉の策で表面はマジパンもどき(!?)のライン入りにしてみました。練習の時はこういうハプニングが経験につながるのかもしれませんね。。。とほほ

味のバランスは、多分、表面をジュレで覆っていたら、酸味がぐっと強くでて、フランス菓子的にはそれがいいのだと思います。
今回のはそれがない分優しい感じでしたね。これはこれで美味しくいただきました♪

Commented by moko-scafe at 2011-08-15 02:40
kumaさん、こんばんわ~☆
久しぶりのお菓子&フレジエのお味はいかがでしたか!?
(って書いた後で、↑コメント読ませていただきました。)
前にもkumaさんのフレジエ食べたいわ~と話しましたが、
私にとってフレジエはこれまた敷居の高いお菓子なのです。
それにしてもとても大きなフレジエ、コパンさんとお二人で食べられたのでしょうか! おすそ分けが欲しいところですね♪笑
Commented by kuma-rennes at 2011-08-15 03:52
mokoさん、試しに一度ロールケーキにして食べてみて、それで美味しい!と思ったら、セルクルを使ってみては???
要はジェノワーズで挟むだけなので、難しいケーキではないのですが、トップでいつも悩むのは確かですね〜。

一辺16センチのスクエアなので、8人分くらいあるのですが、アントルメは一晩たってからが美味しいので、作った晩、翌朝、その翌晩、その翌朝くらいで終わります。
多すぎる時はお隣さんにお裾分けしようと思っているのですが、いざとなると全部食べてしまう食いしん坊なんですね〜。

私のお菓子を食べないと禁断症状が出るのはコパンも一緒で、私達、かなりのバカップルかもしれません。
<< オマール海老のオレンジソース 肉まん >>