<< Guérande1 ジロル茸のキッシュとverveine >>

オレンジのロールケーキ

この夏にもうひとつ作っておきたかったオレンジのロールケーキです。

レシピはコルドンブルーのサブリナ1のもので、ジェノワーズにオレンジ果汁ベースのクレーム・ムースリーヌ(カスタード&バター)を巻いて、表面にも塗り、オレンジ果汁のシロップで煮たオレンジのスライスをトップに置き、アーモンドダイスを側面に貼付けて出来上がりです。
e0228108_5424241.jpg

このレシピの面白いところは、ジェノワーズにアーモンドパウダーを加えて味に深みを与えて、主張のあるクレーム・ムースリーヌに負けないようにするのと同時に、デコのアーモンドダイスと味のリエゾンをさせているところだと思います。

それと、クレーム・ムースリーヌに使う粉がコーンスターチのみであることも、クリームをなるべく軽くして、ジェノワーズと釣り合うようにバランスをとっているのでしょう。

多分、フランスのレシピだったら、ジェノワーズにもっと主張を持たせてマジパンベースにするのかもしれないけれど、私はこれくらい軽くて、そして味のしっかりあるロールケーキがいいかなと思います。

本当はもっと大きく出来上がったので、お隣さんにお裾分けしようと思っていたら、残念ながら留守だったので、やっぱり2人でモリモリ食べています。。。




ラストは今日の動物‥…いえ、本日は趣向を変えてお花にしましょう!
うちのベランダに咲いている朝顔です。
フランスの種なので日本のものとは違うけれど、優しいブルーの色がとても気に入っています。
e0228108_552422.jpg
[PR]
by kuma-rennes | 2011-08-20 05:54 | お菓子作り | Comments(4)
Commented by lotus at 2011-08-21 18:10 x
オレンジの色が目にも爽やかです!


同じレシピを持っていながらこのケーキまだ作ったことないんですよね~。初めはロールケーキというのに触手が動かなかったけれど、くまさんの解説を読むとさすがコルドン!と味わいたい気持ちになります。
作ってみようかな。


まずは触発されて、凝っていないけどロールケーキを作りましたo(^-^)o
Commented by kuma-rennes at 2011-08-21 23:10
私はオレンジが好きだからか、レシピを見た時にすぐに作りたいと思いました。クレール・フォンテーヌと並んで大好きなお菓子です♪

解説なんて言われると恥ずかしいですが、レシピを見ると、それを作った人のお菓子に対する考え方が伝わる時がありますよね。
コルドンのレシピにはフランス菓子の歴史と伝統を背負っているというきちんとした姿勢を感じます。
なので、たとえロールケーキでも侮れないなと思いましたよ。
Commented by moko-scafe at 2011-08-23 02:36
わ~、爽やかで夏らしいロールケーキですね!
一般的なロールケーキのイメージを覆すべく、見た目から味の想像も全て面白いです~。
アーモンドパウダーが入ったジェノワーズ・・・少しダッコワーズのような味わいなのでしょうか?
それから、そちらのオレンジは黄色っぽいですね!
きっとオレンジにも色々な種類があるのでしょうね☆
Commented by kuma-rennes at 2011-08-23 03:23
ダコワーズは卵白がベースになるから生地はさっくりしつつネッチリ感がありますが、これは普通のジェノワーズにアーモンドパウダーを加えただけなので、何も言わなければ気付かないくらいに普通のジェノワーズなんですよ。
でも、食べる時に味に深みがあるのが分ります♪

本当だ!オレンジが黄色っぽいですね。この色は多分写真を撮った時の光の具合だと思います。
色々な種類があるけれど、これは普通のオレンジでしたから。
<< Guérande1 ジロル茸のキッシュとverveine >>