<< Pigeonneau Rognon de veau >>

ネクタリンのタルト

ネクタリンがあったのでタルトにしました。

ブリゼ生地にフランジパーヌを敷いて、切ったネクタリンを並べた焼きっ放しのタルトです。

新しいオーブンのマニュアル通り、空焼きも本焼きも170度で決行したのですが、焼き時間が長くてもどかしいのと訝しいのと‥…本当にこれで大丈夫かと心配になりました。

けれど、焼き上がりはいい感じ♪
e0228108_3235752.jpg

食べてみたらもっといい感じで、(見た目は別でも)お菓子屋さんで売られているみたいだと思いました。
e0228108_3341610.jpg

オーブン庫内の温度が一定であるのがよく分ります。

火のまわりが優しくて、そしてしっかりしている。

今迄、私がどんなに満足していた出来のタルトでも、オーブンが変わるだけで簡単にそれを上回ってしまうなんて、何とも言えない気分だけれど、この違いが分っただけでもいい経験になったのではないかと思います。


あぁ〜、今日のタルトは地味だけど本当に美味しかった!!!
[PR]
by kuma-rennes | 2011-08-26 03:41 | お菓子作り | Comments(2)
Commented by lotus at 2011-08-29 07:53 x
オーブンはなかなかの良い子ちゃんみたいで、くまさんとの相性も良さそうですね!


タルトの断面で、火のまわりが一定なのが分かります。ネクタリンが綺麗に色づいて美味しそう。
うちの良い子ちゃんは庫内右前に癇癪をお持ちのようで時々、強烈に焼けます。
6年がかりで手なづけてますが…。ふ~!
Commented by kuma-rennes at 2011-08-29 22:11
外側のタルト生地がきちんと火が通っていて、中のクリームは半生ちょい、果物の淵が適度に色づいている‥…
意外とこんな普通の焼き具合ができなかったんですよね。

でも、今でも焼いている途中でピロピロ鳴ったりするのがどうしてか意味分んないんですよね〜。
タイマーの設定もやっとここ数日前からできるようになったりして、けっこうドキドキしながら使っています。
<< Pigeonneau Rognon de veau >>