<< ソシソンとシポラタ 鯖寿司とキンツハイム >>

マカロン試し焼き

まだまだ新しいオーブンに慣れたとはいえないのですが、卵白もあることだし、そろそろマカロンを焼いてみることにしました。

けれど、今迄通りに焼いたらいいのか、オーブンのマニュアルに従うべきなのか‥…この点で本当に迷います。とりあえず鉄板2枚分のコックを作ったので、2パターンの焼き温度で様子を見ました。

出来上がりはどちらも少し空洞気味なので、次回はもう少し下火対策をして焼いてみるつもりす。
とはいえ、少しくらいの空洞は私はあまり気にしないんですよね。
完璧なマカロンよりも美味しいマカロン、美味しいお菓子を作るのが私の理想だからです。

そのために色々こだわって購入しているアーモンドパウダーや、ココア、バターやチョコレートで作っているのに、たかが空洞で出来上がりを否定してしまったら、これらの素晴らしい材料が泣いてしまいます。
e0228108_1232893.jpg

そうして作った今日のマカロンは、自分の満足のいく美味しい出来でした♪
間に挟んだガナッシュは、ほんのりヴァニラとフランボワーズの香りをつけて、隠し味に塩の花をほんの少しと、バターもちょっぴり加えています。
それに赤ワインで煮たフランボワーズのジャムも載せたので、味がバラバラにならないか心配でしたが、ガナッシュのフランボワーズのリキュールがうまく橋渡ししてくれたのか、なかなかありそうでない個性的な味となりつつ、上品さは失っていないマカロンになりました。


それからもう一枚の写真は”卵”ですが、殻の色がバラバラなんです。
リスのマルシェで見つけた鶏肉屋さんの卵で、どうして色が不揃いなのかと聞いたら、鶏の種類によるんですって。
黒っぽいのは黒い鶏で、白だの黄色いのだの色々いるそうです。
店頭に写真があって、確かに色んな色の鶏が放し飼いで飼われていました。
e0228108_1243387.jpg

食べてみたら黄味の色が濃いのなんのって驚きましたが、マカロンに使う卵白はあんまり新鮮すぎない方がいいんですよね。
というわけで、MAX10日くらいは冷蔵庫の中で卵白を保管していますが、私は冷凍まではしていません。
[PR]
by kuma-rennes | 2011-08-31 01:31 | お菓子作り | Comments(4)
Commented by moko-scafe at 2011-08-31 02:43
kumaさん、こんにちわ~☆
ちょうど私も卵について書いてたので、お~卵!と思ってしまいました♪

マカロン美味しそうですね~!フランボワーズとチョコレート味は最高の組み合わせですね。マカロンってとても甘いので、私も酸味のあるフルーツが挟まっているのが好きです。 
花の塩って何でしょう?
Commented by kuma-rennes at 2011-08-31 04:02
もこさん☆
花の塩‥…というより、塩の花の間違いでした!!
fleur de sel(フルール・ド・セル?)って聞いたことありませんか?
簡単に言うと、天然塩の結晶で、不純物が少なく、普通の粗塩よりも口溶けが軽いんです。フランスではよく食卓に置いてあって、料理の仕上げに自分で振りかけたりします。
というわけでただの塩なんですが、今回はガナッシュにほんの少し混ぜてみました。
出来上がったマカロンをコパンに食べてもらったら、はじめは塩入だということに気付かなかったみたいですが、私が教えたら妙に納得していました。
Commented by moko-scafe at 2011-09-01 01:13
kumaさん、なるほど~フルール・ド・セルのことだったのですね!
確かに訳すと塩のお花ですね☆
それにしても、コパンさんはグルメ男子ですね。もっとコパンさんのことが知りたいです~笑。
Commented by kuma-rennes at 2011-09-01 03:37
コパンの事が知りたいなんて、もこさんは随分変わった趣味ですね!なーんて、コパンはけっこう人気者なんですよ♪

これからもじわじわとブログに登場させましょう。
<< ソシソンとシポラタ 鯖寿司とキンツハイム >>