<< 野菜彩々 マカロン試し焼き >>

ソシソンとシポラタ

今日はソーセージのお話。

時間の無い時は、ソーセージを焼いただけの簡単な食事で済ませることもよくあります。
この日もそんな昼食で、前日に作ったラタトュイユと目玉焼きを付け合わせにしました。
e0228108_4245875.jpg

このソーセージはソシソン・フュメで、薫製にした生ソーセージです。

まず、フランス語でソーセージのことはソシソンと言いますが、色んな種類があって、セック(乾燥させたもの)、メルゲーズ(牛と羊の挽肉に唐辛子を混ぜて羊腸に詰めた生ソーセージ)、シポラタ(豚挽肉を羊腸に詰めた生ソーセージ)‥…その他にも地方色豊かなソシソンが一杯あります。

私は割とフランクフルトや、モンベリヤー(フランシュ・コンテ地方のソシソン)が好きなんですが、生のソシソンも食べてみたいと、最近はあれこれ試しています。
e0228108_22315859.jpg

よく分らなかったのがシポラタの存在で、ただの生のソシソンなのに、どうしてこんな名前がついているのかずっと疑問でした。
お店によっては、ソシソンとシポラタは見た目が全く同じなのに、ちゃんと区別して売られているんですよ。

そこでお店に人に聞いたところ、シポラタは羊腸に豚肉を詰めるけれど、ソシソンは豚の腸に詰めているのだそうです。
私からすると些細な事ですが、わざわざ名前を変えているくらいだから、重要なことなのかもしれませんね。

そうしてこちらの生のソーセージは、日本の人が想像するような粗挽きのパキッとはじけるような食感ではありません。
初めはそれが物足りなかった私ですが、最近は慣れてきました。
こちらのソシソンはちょっとボソボソしていますが、多分、混ぜ物が少ないんでしょう。
食感より味重視というところがフランスらしいと思いました。


そしてもう一枚は今日も作っていたマカロンです♪
コックの色を薄くして焼き色がつかないか試してみました。白いのはギリギリという感じです。
両方共、ヴァニラのバタークリームを挟んで、黄色にはオレンジピール、白は塩キャラメルをアクセントに加えました。
e0228108_4311029.jpg
[PR]
by kuma-rennes | 2011-09-01 04:51 | マルシェ/食材 | Comments(2)
Commented by lotus at 2011-09-01 19:14 x
ソシソンとシポラタ、ソシソンとシポラタ、ソシソンとシポラタ
言いにくい~!!(笑)

マカロンは小ぶりでしょうか?グラスに盛っている感じから、ひょいとつまんで食べたくなる大きさだと思いました。
まだまだ湿気を帯びた残暑が厳しい日本ですが、そろそろ私もつくりたいー!くまさんのマカロンに感化されましたよ!
Commented by kuma-rennes at 2011-09-01 22:28
実物がないと分りにくいかと思ったので、今朝のマルシェで写真を撮ってきました。
手前の大きいのがソシッスといって、また呼び名が変わります。
これは多分大きいからでしょう。シポラタはその奥の緑の札がついているやつです。
その隣がメルゲーズ、その横が多分、ソシソンかな‥…
はっきり言って、なんのこっちゃ?という感じですよね♪

日本は湿気があるから、マカロンは冬場に作るお菓子なんですね〜。私も一応は雨の日は作るのは避けるようにしています。

大きさは3〜4センチくらいですね。生地によってダレて大きくなるのもあって、今回は黄色いのが少し広がってました。
卵白が足りなくなって新しいのを使ったからか、それとも私がマカロナージュしすぎたか‥…
材料、作り方、焼き方のどれもが影響するから、マカロンって場何とも言えないですよね〜。
<< 野菜彩々 マカロン試し焼き >>