<< エビ、海老、えび!!! 夏 >>

苺のミル・フォイユ

私が妙なものでも食べさせたのか、ここ数日コパンのお腹の具合があまりよくなかったので、お粥やにゅうめんなどを食べていました。

昨日くらいから急に「ねぇ、デザートはないの?」と言い出したので、「えっ!」と内心絶句しつつ、もう一日待ってもらって折りパイを折りました。

そうして作ったのはミル・フォイユ。
e0228108_155832.jpg

まだまだ苺が出回っているので、今朝のマルシェで”昨日摘んだ”というマラ・デ・ボアの苺を仕入れてお菓子に使いました。

間のクリームはカスタードクリームなんですが、フィリップ・コンティチーニさんのレシピを参考にして、生クリームとミルクパウダー入りにしました。
バターも入っているけれど、それはクリームを固めるためではなくて、あくまでもコクを与える程度の量で、固めるためにはゼラチンを入れるんですけど、どうせふたりで速攻食べてしまうんだから崩れてもいいかと入れませんでした。

後は私の好みで苺を入れたので、苺の上にリュバーブのジャムもかけました。
e0228108_174051.jpg

あぁ〜、これは崩れやすい(というか、もう既に崩れていますが!)のでケーキ屋さんのショーウィンドウには決して並べてはもらえないけれど、はみ出したクリームをなめただけでも夢見るような美味しさでした。
[PR]
by kuma-rennes | 2011-09-04 01:11 | お菓子作り | Comments(2)
Commented by lotus at 2011-09-05 19:54 x
どこが既にくずれているのかわかんないですよ?


ミルフィーユのパイ生地が真っすぐに焼けないので作るのを敬遠してますが、食べるのは大好き!!
香ばしいパイとクリームがたまらない~。


羽田空港にマキシムのちっちゃい売店があって
そこのミルフィーユ‘ナポレオン’が一番のお気に入りですが、高いし、頻繁に手に入らないし。もうやっぱり作るしかない?

鉄板が真ったいらじゃないからな~。
波打たずパイ生地焼けるコツありますか?
Commented by kuma-rennes at 2011-09-05 21:33
これね、写真をとりながら苺が落ちてきて大変でした。
そういう意味ではやっぱりゼラチンで固め方がよかったのかもしれません。
このクリームが絶品で、オリジナルはこれにマスカルポーネとカカオバターも加えるんですけど、私のは苺とリュバーブのジャム入りなので、そこまでは追っかけませんでした。

パイ生地の焼きは、私はいつもは鉄板二枚重ねなんですが、今回は鉄板の上に網を載せて焼きました。
もちろん、生地に網の跡がついちゃうんですが、裏返せば分りません。
この方が生地に厚みが出てフワフワ系‥…食後のデザート向きですが、次回はまた鉄板2枚重ねで焼いてみようかと思っています。

前のオーブンだと、自分の鉄板が入らなかったのでミル・フォイユは焼けなかったのですが、今のオーブンならば問題ないので嬉しいです♪
<< エビ、海老、えび!!! 夏 >>