<< Poulet roti Coco de Paimpol >>

クイニーアマン

そういえば最近作っていないな‥…と、久しぶりにクイニーアマンを焼きました。

ブルターニュのスペシャリテといえばこのお菓子なんですが、私はどちらかというとブリオッシュ・フォイユテの方が好きなので、ついついそっちばかり作ってしまいます。
e0228108_4154240.jpg

私の作るブリオッシュ・フォイユテとクイニーアマンのレシピはフィリッピ・コンティチーニさんのもので、両方とも半冷凍させた生地に室温(又はポマード状)にしたバターを折り込んでいくというちょっと変わった製法です。

砂糖もあられ糖だったり、粗目糖だったり‥…この人のレシピで作るようになってから、砂糖は特に使い分けるようになったし、意識するようになった気がします。
加熱して溶けた後もカタチを残したいとか、その食感、口溶けに物凄くこだわっているんですよね。

それから今回は、焼く時にいつも生地が膨らんでしまうので、上に鉄板を置いて平らにしました。
そのせいか、見た目はより”らしく”なったかと思います。

味の方も、シンプルで美味しいクイニーアマンとなりました♪
[PR]
by kuma-rennes | 2011-09-08 04:30 | お菓子作り | Comments(2)
Commented by lotus at 2011-09-08 19:23 x
昨日は驚いたー!嬉しいサプライズをありがとうございます。


先に伝えましたが、パソコンでブログを拝見したら写真の美しさにびっくり!携帯で見ていても美味しさや美しさは伝わってきていましたが…
段違いに迫力があります。


という訳で、会社のパソコンにお気に入り登録しました。
クイニーアマンの折り重なった層が最高ですね。食べて、食べてと語りかけてくるみたいだと思いました。
Commented by kuma-rennes at 2011-09-08 21:24
どうも、どうも♪
私もとっても楽しかったです。
やっぱりLiveが一番ですね!

ブルターニュでよく見るクイニーアマンは、バターたっぷり系のベタッとした質感のものが多いのですが、食べるとそんなにしつこくないんです。
私のはもっとカリッとした感じなんですが、コンティチーニさんのお店のはガリッとというくらい飴で固めてあります。
でも、それがまたしつこくないんですよね〜。
私のはそれのもっと軽いヴァージョンかなと思います。
<< Poulet roti Coco de Paimpol >>