<< Château Dauzac Feta >>

お客様2

お客様‥…といってもお隣のムッシューなんですが、引っ越してきてから色々教わったり、アペリティフに2度も招待していただいたので、そのお返しに食事にお招きしました。

年配の方で、奥様が入院されていることもあって、普通の家庭料理がいいかと思ってブランケット・ド・ヴォー(子牛のクリーム煮)にしました。
フランス人にとっては、日本人にとってのカレーライスみたいな定番の料理かなと思います。
e0228108_6565081.jpg

アペリティフの後、前菜はサラダで軽くしてからメインに移りましたが、今回のブランケット・ド・ヴォーはかなり美味しく出来上がったので、ムッシューも大絶賛してくれました。
丁寧に作ったこともあるけれど、やっぱり選んだ肉屋の肉が美味しかったからにつきる!と思いました。

それからチーズをモリモリ食べて、デザートはこれまた定番のりんごのタルトにしました。
e0228108_658853.jpg

ブリゼ生地にマロンクリームを少し混ぜたフランジパーヌにリンゴのソテーを載せて焼きました。
焼き加減もなかなか良かったんじゃないかと思います。

とても喜んでくださったので、また時々お誘いしようと思いますが、会話の文化レベルが私には少々高いので、ついていくのがやっとです。
とりあえず、シェイクスピアは読んでおいて良かったと思いました。
[PR]
by kuma-rennes | 2011-10-06 07:11 | 料理 | Comments(0)
<< Château Dauzac Feta >>