<< いただきものと残り物で LeCoq-Gadby ふたたび >>

宴のあと

日本からのお客様5名+私達の計7人で、食材を調達しにリスのマルシェへ出掛けて、それからうちでみんなでワイワイ昼食をとりました。
e0228108_22284252.jpg

でも、私、前夜はあまり眠れないくらい緊張していました。
まず、こんなに大勢をおもてなしするのに慣れていないのと、食材を調達してすぐに食べるという手際のよさが自分にはないと思ったからです。

そしてもうひとこと言ってしまうと、うちでおもてなしする料理はなるべくコース仕立てでお出ししたい気持があったので、時間と自分の許容範囲のなさに不満も感じていました。(だから私は持ち寄りのパーティなどは【料理全体のバランスが崩れてしまうので】あまり好きではないのです。)

けれど、何が一番大切かといえば、遠くからわざわざお友達が遊びに来てくれた!という事で、私の料理自慢なんかではありませんでした。
そんな事よりも、みんなで楽しく気持よく過ごすことの方がずっとずっと大事でした。

私のいけないところは、自分の立てた目標や計画をきちんとクリアすることにこだわるあまり、周りが見えなくなってしまうところだと思います。

なので、今回も当然のように自分で全てやるつもりでしたが、ふと見れば、横に立ってホタテや牡蠣の殻を剥いてくれる人や、すすんで洗い物をしてくれる人もいて、自分の思い上がっていた気持が心地よく崩されていくのが分りました。

だって、私以外にも料理が好きで、食材に触れたい人もいるからです。
そんな人と一緒に好きな事を共有できる喜びも、今回久しぶりに味わいました。
お皿洗いなどの面倒なことも、みんなでやればとても早くて、それに楽しくさえ感じるから不思議だったし、あんなに自分が笑ったのも久しぶりだった気がします。
e0228108_22301089.jpg

そんなわけで、お客様が到着した時に迎えにもいかず、観光のドライブにも参加せずに、ひとりでケーキを作っていた私は人間的に少し欠けたところがあるのかもしれない‥…と後で反省しましたが、こんな風にしか皆さんを歓迎する方法が思いつかなかったのです。

これに懲りず、コパンに会いに、そして私にも会いにまた遊びに来て下さるととても嬉しいです。

感謝の気持を込めて。
[PR]
by kuma-rennes | 2011-10-17 00:46 | お菓子作り
<< いただきものと残り物で LeCoq-Gadby ふたたび >>