<< Manoir de l'... 晩ご飯と小話 >>

Manoir de l'automobile

レンヌから南西に35キロ離れたLoheac(ロエアック)という小さな村に、車の博物館があるというので行ってみました。
e0228108_3532983.jpg

所有者が、自分のコレクションした車を展示するために古い農場を買い取って改造したそうですが、中に入ってびっくり!!!その広いのなんのって、どこまでも続く感じで、そこに車が400台以上、しかもとても綺麗な状態で展示されていました。

コパンは車好きだけれど、私は免許もないくらい何にも知りませんが、そんな私でも見学していたらどんどん楽しくなってきました。


まず、ここに展示してある車の中で欲しいものがあったら何でもあげるよ♪‥…なんて言われたら、私はこれを選ぶだろうというくらい気に入ったのがAlpine(アルピーヌ)でした。
e0228108_3544322.jpg

これはフランスのスポーツカーで、50年代の半ばから90年代の半ばまで生産されていました。
このブルーをメインカラーにしていたそうです。


圧巻だったのがF1のスペースで、18台がずらりと並んでいました。
e0228108_3582644.jpg

両脇のガラスケースの中には、車の部品と歴代のチャンピオンのポートレートが飾ってありました。


その他にもフェラーリばっかりのスペースや、ロールスロイスの陳列からミニバスまであって、想像していた以上に見応えがありました。
こんなに大きな車の博物館はフランスでもあまりないんじゃないかと思います。

‥…というわけで、これだけではとても書き切れないので、また改めてご紹介したいと思います。
[PR]
by kuma-rennes | 2011-10-20 04:19 | 旅行/散策 | Comments(0)
<< Manoir de l'... 晩ご飯と小話 >>