<< ノルマンディー風豚肉料理 Manoir de l'... >>

ココアとフランボワーズのケーキ

レンヌに越して初めて依頼を受けて作ったケーキです。

丸形でホイップクリームを使ったものということで、「本当はショートケーキと言いたかったんじゃないかしら‥…」とよぎったものの、私はあまりショートケーキを作らないので、自分の中でそれに近いようなケーキを作ることにしました。

ベースはガトーマダム。
ココアのジェノワーズをクレーム・ディプロマットで覆って、ココアを振りかけるシンプルなケーキをちょっとアレンジしました。
e0228108_513483.jpg

ジェノワーズを3枚に切ってクレーム・レジェールを挟み、外側はホイップクリームで覆いました。
周りはチョコレートを削ろうか迷ったのですが、チョコがメインのケーキではなかったのと、カカオの方が口溶けが良いこともあって、カカオにしました。(どちらかはしないと味がぼやけてしまいますからね。)
でも、こういうケーキの側面にカカオを振るのって、非常に難しいですね。。。

久しぶりの注文ということで少し緊張していたので、今週頭に同じ物を作って練習していました。
なかなか美味しいと思ったけれど、もうひと味アクセントを加えたらより美味しくなるだろうとコパンに言われたので、フランボワーズのクーリを別添えにして、食べる時にかけてもらうことにしました。

ホイップクリームが少し緩くて、見た目は練習台の方が綺麗だったんじゃないかというがっかりな事になりましたが、きっと、フランボワーズのクーリが偉力を発揮してくれることでしょう!!
生のフランボワーズから作ったので、これだけでも充分美味しいと思います。
e0228108_525459.jpg
[PR]
by kuma-rennes | 2011-10-22 05:23 | お菓子作り | Comments(6)
Commented by T at 2011-10-22 07:38 x
こんばんはー!
今日は、ケーキをありがとうございました!!
皆で、「おいしい!本当においしい!!」を繰り返していただきました^^
フランスでこういうケーキを食べられるとは思っていませんでした。特にホイップクリームと、フランボワーズのクーリが絶品!!
誕生祝いをした友人も大絶賛していました♪

また次回ゆっくりお会いできるのをたのしみにしてますね。
Commented by kuma-rennes at 2011-10-22 19:34
うわぁ〜、早速コメントくれてどうもありがとう!!!
気に入ってくれたみたいでとっても嬉しいです♪
このケーキはクーリがポイントだったかなと思うので、忘れずにかけてくれるといいけど‥…と心配してました。
でも、よかった。ホッ
余ったらヨーグルトにかけても美味しいけれど、あまり持たないので早めに消費してくださいね。
このケーキにたっぷりかけるのが、やっぱり一番オススメです。

はい、今度はゆっくりお会いしましょう〜♪
Commented at 2011-10-24 16:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by lotus at 2011-10-24 19:44 x
うっわぁー、美味しそう。
私も注文したいっ。
シャンティがまた味を想像させる泡立て方ですね。ちゃんと模様溝が見えているからきれいだし。このケーキにベストのシャンティと思いました。


私、出店に際し
当日早朝も作り続けるという体力の追い込みをかけたんですが、くまさんも頑張って作るって言ってた、言ってたとつぶやきながら乗り越えられました!
出店も終わり、くまさんの注文ケーキも見れて今夜の私は満足まんぞうで寝ます。
Commented by kuma-rennes at 2011-10-24 23:25
Asukaさん
まぁ!初めまして。
あすかさんがあの日の主役だったんですね。
遅ればせながら、お誕生日おめでとうございました♪

私はお祝い用に特別なデコはしないのですが、あのクーリは私からのささやかなお祝いのつもりでした。
喜んでいただけてとっても嬉しいです。

お菓子の注文を受けると、意外と気の小さい私は心配で気が気じゃなくなるんですけど、こうして喜んでいただけたのが分ると、また頑張ろう!と思えます。

コメント、本当にどうもありがとうございました!!
Commented by kuma-rennes at 2011-10-24 23:34
lotusさん
私も、ロータスさんも頑張って大量生産しているのだから!と自分を勇気づけていました。
こういう関係って何だかいいですね!!

シャンティは私はちょっとゆる過ぎたか‥…と思ったのですが、一応ラインは出ているし、ロータスさんからもお褒めの言葉をいただいたので、まぁ、よしとします。
それでゆるさは目をつぶるとしても、模様の乱れはいただけませんでしたね〜。
これからも精進いたしまする。
<< ノルマンディー風豚肉料理 Manoir de l'... >>