<< Tartiflette(チーズ... 蟹のキッシュ >>

Le Beaujolais nouveau est arrivé...!

ボジョレー・ヌーヴォーの解禁日でしたね。
パリにいた頃は毎年行きつけのビストロで乾杯していましたが、今年はどうしようかと思っていたら、パリの友人達から遊びにおいでよと連絡がありました。

コパンの調子がよければ行ってみようかと話していたましたが、まだ車での往復はしんどいということで、
今年は諦めることにしました。
が!結局、退屈で仕方のなかったコパンはTGVで出掛けることにしました。
e0228108_9144585.jpg

ここはパリというかブーローニュのビストロで、コパンは週3回くらい通っていました。
私もとても可愛がってもらって、シェフの奥さんに料理の仕込みを教わったこともあるし、お互いの家に行き来して何度も食事を共にしました。

今でもパリに行けば必ず挨拶に行き、ここの常連達とも懇意にしているので、私達にとってはパリのとても大切な場所でもあります。
e0228108_9154221.jpg

とはいえ、私は日帰りのTGVはちょっと億劫だったし、丁度、実家から届いた郵便物の中の小豆を炊きたかったこともあり、コパンひとりで出掛けていきました。

ここでは毎日のように昼から宴会が行なわれるので、日本から初めて訪れた人はちょっとビックリするかもしれませんが、今日もいつものように昼から夕方まで、特にボジョレー・ヌーボーの解禁日という事で大盛り上がりだったようです。

今年のボジョレー・ヌーヴォーは酸味と甘みのバランスのとれたいい出来のようですね。
コパンがお土産に一本持ってかえってきてくれました。まだビストロにはケースで置いてもらってあるので、また近いうちに取りにいく予定です♪
[PR]
by kuma-rennes | 2011-11-18 09:03 | 美味しいお店/レストラン | Comments(2)
Commented by lotus at 2011-11-18 19:24 x
日本では、ボージョレーヌーボー解禁日をひと昔前のように騒ぎ立てる事もなくなりましたが、この時期がくるとバブリーな頃の解禁日が頭を過ぎります。あの頃、一体どれだけの人がちゃんと味わってたのかな、なんて。

そして昨日ラジオで流れていたのですが
デラウェアのボージョレーが出ていて、それがおいしい、と。薄~い気がするけどどうなんでしょうね?


コパンさんが病後にも関わらず、なかなかにヤンチャな気がするんですか(笑)お大事に!
Commented by kuma-rennes at 2011-11-18 21:58
こちらの人は飲めれば何でもいいのかも‥…
流行も廃りもなく毎年その年の収穫を祝ってますね〜♪
ボジョレー・ヌーボーは収穫してすぐに飲めるワインだから、いずれにしてもジュースのみたいですね。
だから意外と日本のさっぱり系料理にも合いますね。

コパンは本当にヤンチャですね!
まさか本当に出掛けるとは思わなかったけれど、「行ってきたら?」と私の言葉を聞いたら、もうそわそわし出しちゃって、お菓子をお代わりしようか迷っている時と同じだ!と心の中で可笑しかったです。

<< Tartiflette(チーズ... 蟹のキッシュ >>