<< きのこの手打ちパスタ ポトフ >>

アンドーナツと古い調理器具

先日、実家から届いた荷物の中から、早速小豆を炊いてアンドーナツを作りました。

これは日本人(特に男子!)の心をくすぐる必殺アイテムなのはパリ時代に既に調査済み(?)なので、最近お世話になっているレンヌの友人夫妻にもお裾分けしました。

お裾分けのつもりがまたもや先方のお宅に長い時間お邪魔してしまい、そこの息子さんまでがアンドーナツ好きだと知って、アンドーナツパワーは次世代にまで及んでいるのだと新たな調査結果を引き出す事になりました。

そして、ブロカント好きの奥様に古い素敵なmouli grater(チーズおろし器)をプレゼントしていただいたのがとっても嬉しかったです。
e0228108_522970.jpg

これは1950年代に実際に使われていた道具で、箱の部分にチーズを入れて上から蓋をして、ハンドルを回すとチーズが削られて出てくる仕掛けになっています。

どんな風だかちょっと使ってみたくて、とりあえず乾燥ハーブで試してみたら、それはなかなかうまく使えました。ついでに生のパセリもやってみたところ、葉の形そのままで隙間から落ちてきました。
今度はチーズでやってみましょう♪

でもこれは、今となっては使い勝手よりも見た目の可愛らしさの方に需要があると思うので、うちの実用第一の台所に丁度いい飾り場所がないか考えているところです。

ちなみに写真の奥のバットの中身ですが、自己流スペアリブを作るのに、肉にタレを漬け込んでいるところです。
家にあるもので適当に作ってみたのですが、夏に作った杏ジャムがあったので、それと、オリーブオイル、醤油で味付けしてみました。
e0228108_541236.jpg
[PR]
by kuma-rennes | 2011-11-22 05:19 | お菓子作り
<< きのこの手打ちパスタ ポトフ >>