<< お稲荷さん カルパッチョ! >>

木苺のタルトレット

今日は何のお菓子を作ろうかな〜♪と考えながらリスのマルシェを歩いていたら、ベリー系だけを販売している店で木苺に目がとまりました。
e0228108_4575531.jpg

フランスではこの時期でも苺やフランボワーズは手に入りますが、さすがにもうそろそろおしまいという感じがします。
この後は手に入っても輸入もので味は落ちるので、私の中ではもう季節は終ったものだと思っていましたが、今年は木苺のお菓子を作らなかったこともあり、今年最後のつもりで買ってみました。

作ったのはタルトレット。
塩味の効いたサブレ・ブルトンヌにカスタードクリームを敷き、その上にリュバーブのジャムを軽く絞って、木苺を載せました。
e0228108_4595788.jpg

丁度、リュバーブのジャムも終ったので、来年のリュバーブと苺の季節まで、このタルトはお預けとなります。

木苺は痛みが早いし、タルト生地に直にカスタードクリームを敷いているので、このお菓子はできたらすぐに食べるのが信条です。でも、出来立てを食べたら最高に美味しいんですよ♪


それから今日はカヌレも作りました。
e0228108_52534.jpg

いつものようにオレンジピールとグランマルニエで風味付けしています。
新しいオーブンでは、まだちょっといい焼き具合が見出せないので、もう少し練習が必要かなと思いました。
[PR]
by kuma-rennes | 2011-11-28 05:09 | お菓子作り | Comments(2)
Commented by lotus at 2011-11-29 19:20 x
鮮やかな色の木苺ですね!愛らしい、というのがぴったりの色だわ。
日本ではクリスマスを前に苺が出回りはじめました。でも1パックが500円超とまだ高いので買わなーい(笑)苺を堪能するのはもう少し後のお楽しみにします。
タルト生地が均一で綺麗なフォルムだと思いました。苺もカスタードも美味しいでしょうか、このタルト生地をサクサク、ホロホロと味わうだけでも素晴らしく美味しそう!
Commented by kuma-rennes at 2011-11-30 04:23
色はけっこうまちまちだったのですが、この大きさが可愛いですよね。
こちらは1パック2ユーロで、1パック買おうとしたら、店のおじさんが2パックで3ユーロでいいというので、2パックにしました♪
けっこう傷んでいるんでいるものもありましたが、いい買物ができました。

この生地はガレット・ブルトンヌなので、セルクルに絞って焼いています。
焼き途中で取り出して、コップの底の部分を使って淵を作っているんですよ。
コンティチーニさんのレシピとアイディアです♪
<< お稲荷さん カルパッチョ! >>