「ほっ」と。キャンペーン
<< Turbot Faust >>

Arpège

昨日はパリへ行っていました。

コパンの弟夫婦に誘っていただいて、7区のレストランのアルページュで昼食を御馳走になりました。
e0228108_742366.jpg

ここのレストランは野菜が美味しいことで有名で、ノルマンディとサルトの3カ所に専用の菜園があるそうです。

今回はデギュスタション(シェフのおまかせ)コースでしたが、全部で10皿、料理に合うワインもアペリティフのシャンパーニュから計7種類もグラスに注がれて、まるで美食の遊園地みたいでした。

やはり野菜の存在感は大きくて、ホタテやオマール、ヒラメや子羊の主役に負けないくらい個性的で印象的な野菜がたくさんありました。
これからは私ももう少し野菜の扱い方を改めてみようかな‥…といい勉強になりました。
e0228108_74355100.jpg

料理もワインもどれをとってもとても美味しかったけれど、ひとつだけ、お皿や盛りつけのプレゼンテーションがそれ程華やかではなかったのが意外でしたが、変に見た目だけの料理よりはずっと好感が持てました。

お昼に入店して、レストランを出た頃にはもう日が暮れようとしていました。
美味しくて楽しくて、とても素敵な時間でした。(どうもありがとうございました♪)
e0228108_7452755.jpg


PS:翌日はコパンの病院の検診でしたが、手術後、特に問題はないようで、とりあえずホッとしました。
[PR]
by kuma-rennes | 2011-12-14 07:55 | 美味しいお店/レストラン | Comments(0)
<< Turbot Faust >>