<< Spectacle de Lu... ガレット・デ・ロア2 >>

フィナンシエ☆アラン・デュカス

今日は黒豆を煮ていましたが、午後過ぎには終ったので、もう少し何か出来ると思って(恐らく)今年最後のお菓子作りをしました。

今回のレシピはアラン・デュカスの製菓本からで、この本は、”無期限”で、おまけに”染みをつけてもよい”という信じられないくらい気前のよい友人が貸してくれたものです。
(そ、それって、ほとんどもらったようなものよね。。。と私は心の中で思いましたとも!!)
e0228108_5324644.jpg

ちなみに、アラン・デュカス氏はパティシエではなく料理人ですが、彼が手がけるレストランは必ずミシュランの三ツ星を獲得するくらいの、いわゆる天才シェフになります。

というわけで、この本はアラン・デュカス氏のレシピというか、彼が長年一緒にやってきたパティシエのフレデリック・ロベール氏と共同でつくりあげたものという感じです。
なので、お菓子というよりも、レストランで食べるようなデザートやプチ・フール系が特に充実しています。


そして今日はその中でも一番定番ともいえるフィナンシエを焼いてみました。
最近よく作っているジェラール・ミュロのレシピと比べると、水分に比べて粉類が多く、生地ももったりしていて重いです。
同じフィナンシエという名前でも、同じ材料を使っても、レシピによってこんなに違うのだと驚いてしまいました。
e0228108_5302559.jpg

そしてオーブンの中の焼き具合を見ていると、マフィン型の大きいのは特にモリモリ盛り上がって、マドレーヌじゃないけれど、私はこんなフィナンシエが焼きたかったのだ!!!!!と思うようなものが焼き上がりました。

ちょっと焼きが強かったけれど、とにかくこれはいいレシピだわ♪と、ひとりニコニコしながら師走の夕暮れ時を過ごしました。

さぁ、明日はいいかげん掃除しないとね。。。
[PR]
by kuma-rennes | 2011-12-30 05:48 | お菓子作り | Comments(8)
Commented by mina at 2011-12-30 07:14 x
kumaさん
元気ですか。相変わらず美味しそうなのを焼いていますね。それにすでにギャレットも2つも食べちゃって!うらやましい。
どちらも美味しそうだったね。でも確かにパイ生地は私もパリッとした方が好みです。どちらにしてもすっごく楽しみにしていますので『予約済み』の件、よろしくね。

では頑張って年末の大掃除して下さい。そして新年会も楽しみにしています。
Commented by たろちょん at 2011-12-30 10:20 x
くまさんこんにちは。夫が休みに入って、ようやく年末年始の雰囲気になりました。
フィナンシエの、理想的な焼きあがりって、どんな感じですか?それから、マドレーヌをよく焼くのですが、時間をおいて味がなじんだ頃の出来栄えは、どういう状態がいいんでしょうか?
こちらで市販されているマドレーヌは、スポンジのような作り方で、おそらくケーキ屋さんも利益をあげなくてはならないようで、バター控え目です。
香りもよくないし、食感もばさついて、飲み物なしでは食べられません。
本によっては、アーモンドパウダーが入らないものもありますが、くまさんのマドレーヌはどんなレシピですか?
おいしいものの味を知ってらっしゃるくまさんに、バターケーキなどの焼き菓子の理想的な焼きあがりを聞きたいです。
フィナンシエは、出来立てと、時間をおいたのと、差がありますか?
私も今日フィナンシエにチャレンジしています。ワクワクです♪
Commented by lotus at 2011-12-30 12:09 x
トゥルーウ゛ィルのシールだ!青がきれいだからこういう使い方もいいですね。私は今年の手帳に貼ってましたよ。


本はもう貰ったように思っちゃいますよね。あえて言うなら汚しにくい、ってくらいかしら?
フィナンシェとても美味しそうです。冷蔵庫で一晩寝かせた生地がもったりすればするほど味にコクが出てくるように思っているんですが、デュカス氏のレシピも生地を寝かせますか?
Commented by kuma-rennes at 2011-12-30 23:47
気前のよいminaさん♪
今日は年末の中掃除も適当に切り上げてお昼に伺いました。
その後、エネルギーを蓄えたので、冷蔵庫の中も片付けておしまいにしました。
あとは明日の買物と伊達巻きを作るだけでーす♪
ちなみに黒豆はちょっとかためでシワがよってますが(わ〜最低!)全く気にしないで持っていきます。

今日はどうもありがとうございました。
美味しかったです。ご馳走さまでした♪
それでは、年を越したらまたすぐにお会いしましょう!!!
Commented by kuma-rennes at 2011-12-30 23:57
lotusさん
そうなんですよ。懐かしのトゥルーヴィルのシールです。
昨日、ポストカードを探していたら奥から出てきたので使ってみました。
鮮やかなブルーだからココア系のお菓子の方が合いそうですが、あるもので使ってみました♪

本はね、”無期限”と言われたのではなくて、”半永久的に”だったと今朝思い出しました。
どちらもいただいたようなものみたいですが、後者の方がもっとインパクトがあると思いました。

この本は、かなり製菓の知識のある人向けに作られているので、説明が少ないんですよね。
で、生地を冷蔵庫で休ませるとはありましたが、どれくらいの時間かは具体的に記入されていませんでした。
私は15分程度しか休ませませずに焼いてしまいました。
Commented by mina at 2011-12-31 00:11 x
年末大掃除、じゃなくて中掃除、、、、(笑)

今日はご来店いただき誠にありがとうございました。
バタバタした店でびっくりでしょ?智さんはいないのに、千賀さんはいるし、、、、(笑)。またいつでもどうぞ。
フィナンシエ、とってもおいしい!店の子達も喜んでいました。ありがとう。

では黒豆、その他いろいろ楽しみにしています。よろしくね。
よいお年を!
Commented by kuma-rennes at 2011-12-31 01:26
たろちょんさん。まず、フランスの焼き菓子もけっこう粉っぽくて食べる時に水分が必要なことには変わりないです。でも、こちらの粉もバターも、素材そのものに存在感があるので、しっかり味と香りがあって美味しいです。けれど、日本の人はしっとりフワフワ系のお菓子が好きなので、そういう場合は水分を多めにするのがいいと思います。
それと、フィナンシエの出来立てと時間を置いたのでは差がありますね。焼きたてはバターが溶けてジューシーで中が柔らかいけれど、時間が立つと味が落ち着き、生地も締まります。焼き立ての、中はしっとりしていながらも外側がカリッとしているのが、いわゆる私の理想のフィナンシエかなと思います。
あとはマドレーヌですが、最近はフィリップ・コンティチーニのレシピが好きでよく作ります。バターの他にピーナッツ油や蜂蜜を入れてしっとりさせています。一番のポイントは生地を冷蔵庫で1時間休ませるのに加えて、型に入れてからも冷蔵庫で+1時間休ませることです。生地を完全に冷やすことで、オーブンの熱との温度差が大きくなっていい食感に仕上がるみたいです。それでも時間がたつとカリッとはしませんが、全体に味が馴染んで美味しいです。
Commented by kuma-rennes at 2011-12-31 05:49
minaさん
はーい、智さんいなくて千賀さんいたいたー!!!千賀さん来た来たー!!!ってちょっと失礼ですね、私♪
でも、おかげさまで楽しくて美味しい時間が過ごせました。

新年はその他いろいろ頑張ります。。。
それでは本当によいお年を!!
<< Spectacle de Lu... ガレット・デ・ロア2 >>