<< フェーヴ・コレクション Entrecôte >>

キノコのたたり(!?)と最後のガレット

今日はちょっとお腹の具合が悪かったので、てっきり先日拾い食いしたキノコのせいだと思っていましたが、コパンには昨日の牛肉が原因ではないかと言われました。

考えてみれば、牛肉は腐る直前が一番美味しいと言われていて、いい店の牛肉を食べると私はよくお腹を下す事があるので、コパンの推理が正しいのかもしれません。しかも、限りなくブルーに近い生焼けでしたから‥…

それにしても、キノコもステーキも私と同じ様にモリモリ食べていたコパンは何ともないのが不思議だと思いました。


それから話は全く変わって、今朝はお腹の調子が悪いのに中央マルシェへ出掛けて、そのまま体にムチを打ってフィリップ・ブヴィエのお菓子屋さんに寄ってガレット・デ・ロアを買って帰りました。
e0228108_4163564.jpg

この間はル・ダニエルのガレットがレンヌで一番高価だと書きましたが、それは間違いでこちらの方が高価でした。

それだけに相当リッチなガレットで、リッチ過ぎて体調の悪い私にはちょっと重かったくらいでした。
多分、フランジパーヌに入っているカスタードクリームが多いのではないかと思います。
その割に生地は繊細だったので、バランス的にはどうかとも思いましたが、フランジパーヌが好きな人にはたまらないかもしれません。
e0228108_4201217.jpg

いや〜、今年は本当にガレット・デ・ロアをたくさん食べました!!!
それだけにとても勉強になったし、この経験を踏まえて来年はもっと自分で作ろうと思いました。
e0228108_4221198.jpg
[PR]
by kuma-rennes | 2012-01-19 04:31 | 美味しいお店/レストラン
<< フェーヴ・コレクション Entrecôte >>