<< 栗かぼちゃのマフィン☆ピエール... 手作りmariage >>

Quelle surprise!!!

パリからの帰り道、日曜日は16区のパティスリー・デ・レーヴが開いている事を思い出して寄り道しました。
e0228108_524355.jpg

相変わらず可愛らしい店内ですが、ふと釘付けになったのがサクランボの形をしたフォレ・ノワール。
(↓写真の一番手前のお菓子です♪)
e0228108_526168.jpg

フォレ・ノワールは作るのも食べるのも大好きなので、ここのお店のはどんな風だろうと気になりました。
しかも、小型でひとつ17ユーロもします。一体こんなの誰が買うのかと思ったところにコパンが車を駐車して店内に入ってきたので、このフォレ・ノワールを示したところ、「ボク、これ食べたい!」というので、呆気なくお買い上げとなりました。

というわけで今回はこのフォレ・ノワールとモンブラン、ティラミスをそれぞれ小型で選んで、ブリオッシュ・フォイユテとりんごのショソンの焼き菓子系も追加しました。


早速レンヌに戻って食べてみると‥…こ、このフォレ・ノワールが美味しくてびっくり!!!
e0228108_5292781.jpg

このサクランボの輪郭はチョコレートで形作られていて、周りにサクランボのジュレがかかっています。
中は生クリームとココアのジェノワーズ、グリオット(サクランボのシロップ漬け)ですが、それぞれに美味しい主張がありつつバランスがとれていて、キルシュの香りもしっかりしていました。これら全てをまとめているのが周りのビターチョコで、その苦さと食感のパリパリ感が味を引き締めていました。

それでも私は普通のフォレ・ノワールの方が好きといえば好きだけれど、今回はこの見た目と食べた時の美味しさのギャップに完全にノックアウトされました。

フィリップ・コンティチーニのお菓子屋さんは、やっぱりお店の名前通り”夢のお菓子屋さん”だと改めて思いました♪
[PR]
by kuma-rennes | 2012-01-31 05:45 | 美味しいお店/レストラン
<< 栗かぼちゃのマフィン☆ピエール... 手作りmariage >>