<< ホテルとCornas Quelle surprise!!! >>

栗かぼちゃのマフィン☆ピエール・エルメ

結婚式が終ったら作ろう!と思っていたものが頭の中で列をなしています♪

丁度、栗かぼちゃが手に入ったので、ピエール・エルメ氏のレシピのマフィンを作ってみました。
e0228108_62601.jpg

マフィン型12個分にカボチャ半分(500gくらい)を使い、レーズンやスパイスを加えたちょっぴり複雑な味です。
これでも量を減らしたくらいですが、トップにも中にもカボチャの種がふんだんに使われています。
そして私的に興味深かったのは、タイプ55の強力粉を使った点でした。

でも、私は普段からマフィンはあまり作らないし、フランスにはあまりマフィンがないこともあって、これが特別美味しいのかそうでもないのかよく分りません。
コパンはお菓子に使うスパイスがあまり得意ではなく、カボチャの種も入れ過ぎだと外していました。この食感がパリパリして面白いんですけどね。

焼きたてよりも数時間たってから食べた方が味が馴染んで美味しかったです。


それから昨日のパティスリー・デ・レーヴの残りのお菓子と感想も残しておこうと思います。
e0228108_6282662.jpg

モンブランはとても濃厚で歯にしみそうなくらいでしたが、ラム酒がしっかりと香って印象的でした。

ティラミスは、私はレシピも持っているし、以前作ったこともあるので、実物はどんな風だろうと思って選んでみましたが、ジェノワーズが意外と薄くて、エスプレッソのインパクトがもっと全面に出ていました。
それに波立つ表面のデコレーションがとても綺麗ですよね。
e0228108_6313596.jpg

ラストはブリオッシュ・フォイユテで、三列の角形のひとつを朝食でいただきました。
外側がほんのり甘くて、中の生地がとても軽いので、重いタイプの粉を使うブルターニュのパンとはひと味違って少し懐かしいような気がしました。
何よりも表面の層の美しさからこの美味しさは伝わると思います♪

あとはりんごのショソンもありましたが、写真を撮るのを忘れてしまいました。
ここのショソンはいつ食べても美味しいですね。
[PR]
by kuma-rennes | 2012-02-01 06:46 | お菓子作り
<< ホテルとCornas Quelle surprise!!! >>