<< ホテルとCornas Quelle surprise!!! >>

栗かぼちゃのマフィン☆ピエール・エルメ

結婚式が終ったら作ろう!と思っていたものが頭の中で列をなしています♪

丁度、栗かぼちゃが手に入ったので、ピエール・エルメ氏のレシピのマフィンを作ってみました。
e0228108_62601.jpg

マフィン型12個分にカボチャ半分(500gくらい)を使い、レーズンやスパイスを加えたちょっぴり複雑な味です。
これでも量を減らしたくらいですが、トップにも中にもカボチャの種がふんだんに使われています。
そして私的に興味深かったのは、タイプ55の強力粉を使った点でした。

でも、私は普段からマフィンはあまり作らないし、フランスにはあまりマフィンがないこともあって、これが特別美味しいのかそうでもないのかよく分りません。
コパンはお菓子に使うスパイスがあまり得意ではなく、カボチャの種も入れ過ぎだと外していました。この食感がパリパリして面白いんですけどね。

焼きたてよりも数時間たってから食べた方が味が馴染んで美味しかったです。


それから昨日のパティスリー・デ・レーヴの残りのお菓子と感想も残しておこうと思います。
e0228108_6282662.jpg

モンブランはとても濃厚で歯にしみそうなくらいでしたが、ラム酒がしっかりと香って印象的でした。

ティラミスは、私はレシピも持っているし、以前作ったこともあるので、実物はどんな風だろうと思って選んでみましたが、ジェノワーズが意外と薄くて、エスプレッソのインパクトがもっと全面に出ていました。
それに波立つ表面のデコレーションがとても綺麗ですよね。
e0228108_6313596.jpg

ラストはブリオッシュ・フォイユテで、三列の角形のひとつを朝食でいただきました。
外側がほんのり甘くて、中の生地がとても軽いので、重いタイプの粉を使うブルターニュのパンとはひと味違って少し懐かしいような気がしました。
何よりも表面の層の美しさからこの美味しさは伝わると思います♪

あとはりんごのショソンもありましたが、写真を撮るのを忘れてしまいました。
ここのショソンはいつ食べても美味しいですね。
[PR]
by kuma-rennes | 2012-02-01 06:46 | お菓子作り | Comments(4)
Commented by mina at 2012-02-01 08:02 x
kumaさん
カボチャのマフィン、ものすごく美味しかったです。私は『ふわっ』の中に『かりっ』が入っている食感が普段から大好きなのでこのカボチャの種の食感、とても気に入りました。スパイスの利き方やカボチャのしっとり感も私はとても良いバランスだと思うよ。フランスではなかなか美味しいマフィンが食べられないので本当、嬉しかったです。今回はコパンの意見は『却下』です。(笑)。ありがとうね。今度はお好み焼きパーティーですよー!
Commented by kuma-rennes at 2012-02-01 18:34
minaさん
気に入っていただけて良かったです♪
多分、minaさんはこういうの好まれるんじゃないかと想像していたのですが、智さんはどうかな‥…とも思っていました。

このレシピは”フランス人のピエール・エルメ氏が日本のカボチャを使ってマフィンを作った”ところがポイントで、日本人が作っても特別なものではないと思います。

外国の食材を使うって、慣れていないと作り手ただの”エゴ”みたいになりますが、このマフィンにはエルメ氏の日本のホクホクしたかぼちゃに対する”敬意”が私には感じられました。

わーい!!!お好み焼きパーティーとってもとっても楽しみにしています♪
Commented by Vicugna at 2012-02-01 23:02 x
kumaさん、こんにちは!
「頭の中で列をなしています」 この言葉、とってもよくわかります。
ワタシも、陶芸でこれもあれも、って思って…でも、思いだけで終わってしまうことがあるので、思いついた時に落書きをするようにしているんですけれど、それでもなかなか全部作れたことはないですw
kumaさんの1つ目はカボチャのマフィンですね。この後も楽しみです!

お菓子に詳しくないワタシが書くのも変なのですが、先日日本の雑誌でピエール・エルメ氏のためのお米の授業というのを、あるお店でご飯の基本と和菓子における店で米の使われ方を、一から勉強する。という記事をみました。カボチャに対する敬意と同じで、お米も何かに変身するのかな?っとちょっと楽しみになりました。(既にあるのかなぁ?)

長くなりましたが、お好み焼きパーティーの様子も楽しみにしています☆
そして、ガレットデロワのエントリーを気実upいたいのですが、kumaさんの記事をリンクさせていただいてもよいでしょうか?^^

Commented by kuma-rennes at 2012-02-02 00:46
Vicugnaさん、こんにちは!
確かに、書いておかないと何を作りたかったか忘れてしまいますね。
私は年末にピエールエルメの新書とアランデュカスの製菓本が手に入ったので、これからもう一度じっくり見直して、そのレシピでお菓子をたくさん作りたいですね♪

ピエールエルメ氏のお米の話、何だかとっても納得しました。
そうやって学び続けているから、今でも第一線にいる方なのだと思いました。
フランスにはリ・オ・レというお米のミルク煮のお菓子がありますが、今後そう遠くないうちに新しいお米のお菓子が登場しそうですね。
興味深い話を教えてくださってどうもありがとうございました!!

おかげさまでお好み焼きの会も近々開催されそうです。
リンクの件はもちろんオッケーですよ♪
<< ホテルとCornas Quelle surprise!!! >>