<< Brandade de morue 今日は鯖です! >>

りんごの蒸留酒

今日も寒かったけれど天気は良かったので、昼過ぎにコパンが「ちょっと出掛けてくる」と言った時、行き先を聞かなくともゴルフ場だと分っていました。

けれどコパンは手の手術をしたばかりで、今月一杯はリハビリだと言われていたので、まさか!本当にフルコース回ってくるとは思いませんでした。

本人も打ちっ放しの練習だけのつもりが、気がつけば仲間が集まっていたので、いっそのこと回ってしまおう!となったようです。

嬉しそうに帰宅したコパンを見て開いた口が塞がりませんでしたが、そんな所が彼らしいとも思いました。
e0228108_504589.jpg

そんなコパンが通っているキネ(整体)の先生に私のお菓子を何度かお裾分けしていたところ、先日、そのお礼か何かで先生の実家で作ったというりんごの蒸留酒をいただきました。

りんごの蒸留酒というとカルヴァドスが有名ですが、ノルマンディのその土地で作られたものしかその名は名乗れないので、やはり普通のりんごの蒸留酒となります。

1982年に作られたそうで、30年ものになります。
香りがよくて、コパンが試飲でグラスにあけたら、部屋中に甘酸っぱい香りが広がりました。

そんなわけで何かリンゴのお菓子を作りたかったのですが、甘みの濃いリンゴジャムと、おまけにバターを買い忘れてしまったので、できるのはクラフティくらいでした。
e0228108_533768.jpg
今回はマフィン型の小振りのサイズで作りました。
このレシピは生地がクレープ生地であまり甘くないので、リンゴジャムとのコントラストがとれていました。ついでにレーズンも加えています。
見た目は粗野でもとても美味しくて、コパンは焼きたてを3個続けて食べました。


それから昨日の鯖の白ワイン煮で残った分をリエットにしました。
鯖の身をほぐして、塩、胡椒、レモン汁、ウィスキー、生クリームと一緒に合えただけです。
e0228108_563093.jpg

市販のものは味が濃くて独特の臭みがあるけれど、これはサッパリしてとっても美味しいですよ♪
[PR]
by kuma-rennes | 2012-02-13 05:25 | お菓子作り
<< Brandade de morue 今日は鯖です! >>