<< Auberge du Pont... Lasagnes à la b... >>

すみれのマカロン

友人からウィーン土産にすみれの砂糖漬けをいただきました♪
e0228108_0385327.jpg

これを使ってどんなお菓子を作ろうか考えたのですが、意外とアイディアが浮かばず‥…
調べてみると、ザッハトルテのデコレーションに使用されているパターンが多かったけれど、デコレーションに使うとこのすみれが主役にならないような気がしたので、結局無難なマカロンにしました。

コックはすみれ色の色粉で色付けしましたが、表面にすみれの砂糖漬けを細かく刻んで載せました。
クリームはすみれのシロップで風味漬けしたバタークリームです。

バタークリームのマカロンには何かアクセントとなる酸味を加えた方が私は好きなので、迷った挙げ句レモンの皮のすり卸しとレモン汁をすみれのクリームに加えました。
本当はレモンクリームををプラスすれば良かったのかもしれませんが、この程度の方がすみれの風味を邪魔しないと思ったからです。

それから前回のマカロン作りの時にアーモンドパウダーを変えてみたら、アーモンドの風味が弱い気がしたので普段よりもアーモンドパウダーを多めにしてみました。

結果、生地の密度が濃くなったので、乾燥が早く、焼き上がりも早くて扱いやすくなりましたが、ちょっと焼き色が付いてしまったのと、食べた感じもアーモンドのツブツブ感が残りました。
e0228108_0405033.jpg

フィナンシエなどの他の焼き菓子ではあまり違いは感じなかったけれど、マカロンに関してはアーモンドパウダーの差は大きく表れるようです。

というわけで、すみれのマカロンの旅はまだまだ続きます。



そうそう、すみれの砂糖漬けの話に戻りますが、これは紅茶に入れて風味を楽しんだりもしたけれど、そのままかじって味わうのが一番ではないかと思いました。

おそらくシシー(オーストリアのお姫様ですみれの砂糖漬けが大好物だった)もそうして食べるのが好きだったのではないかしら。。。
[PR]
by kuma-rennes | 2012-02-17 04:00 | お菓子作り | Comments(4)
Commented by lotus at 2012-02-17 10:45 x
まず、箱がとっても可愛いですね。
これは取っておくシリーズの箱だ(笑


福岡では?日本では?すみれのさとう漬けは製菓材料としてしか売っていないと思うんですがデーメルでは立派なひとつのお菓子として売っているんですね。
美人で名高いシシーがつまんで食べた光景を思い浮かべると・・・似合いますね。優雅です~。

チョコレートのマカロンは少し紅いのが見えますがフランボワーズジャムを加えられているんでしょうか?
すみれのマカロンと交互に食べたーい!
Commented by kuma-rennes at 2012-02-17 17:11
lotusさん
そうなんですよ!この箱がとっても素敵なんです。
もちろん取っておくし、何かお菓子を詰めてプレゼントにも使いたいですね♪

チョコのマカロンにはフランボワーズのジャムが入っています。
そんなの見えないだろうな〜と思っていたんですけど、ちゃんと見て下さるのがロータスさんですね。
すみれのマカロンに使おうか迷ったんですが、フランボワーズのジャムだとすみれの風味を隠しちゃうかと思ったてやめました。
これからもっと合う組み合わせを探してみようと思っています。
Commented by takako at 2012-02-18 03:32 x
わ〜! すみれの砂糖漬け、
こんな風に姿をかえたのですね〜♪

うちでは、やはり紅茶に入れたり、シャンパンに入れたりしましたが、私も今のところそのままかじって食べるのが一番です。
でもシャンパンの色がどんどんすみれ色になっていくのを眺めるのは、ちょっと素敵な時間でした^^
Commented by kuma-rennes at 2012-02-18 05:52
takakoさん
シャンパンに入れるのもいいですね〜。
週末は発泡酒を飲むと思うので試してみようかしら。。。

結局マカロンにしたのだけど、一度ザッハトルテにもチャレンジしたいと思っているんですよ。
すみれのマカロンはもう少し進化させたいと思っているので、うまく出来たらたかこさんにお裾分したいですね〜。

素敵なお土産をどうもありがとう♪
<< Auberge du Pont... Lasagnes à la b... >>