<< Viennoiseries お客様7 >>

お客様7-2(デザートとワイン)

昨日の料理に合わせたワインは、ボルドーのサン・ジュリアン、シャトー・ベイシュベル2005年です。

もしかしたら前にもご紹介したことがあるかもしれませんが、お客様にお出ししたのは初めてでした。
まだまだ寝かせた方がいいワインですが、コパンが皆と一緒に飲みたかったのでしょう、カーヴから出してきました。
e0228108_2105522.jpg

それでもジゴとはいい相性で、とっても美味しくいただきました♪
何というか、香り高く、爽やかな甘みとコクがあって、特に後味がすっきりしているのはマルゴーやサンジュリアン地区のいいところだと思います。
横のクレモンはロワールのvouvrayの発泡酒ですが、ちょっと甘口で私には飲みやすかったです。


そしてデザートはレモンのタルトにしました。
いつものように構成はタルト・ブリゼにアーモンドクリームを敷いて焼き、レモンクリームにイタリアンメレンゲをたっぷり絞りました。
e0228108_2133132.jpg

お客様に、レモンのタルトにアーモンドクリームを敷いたところを面白がられましたが、そうなんです!シュクレ生地でなくてブリゼ生地にしているのと、アーモンドクリームを合わせたところに私のこだわりがあるので喜んでいただけてよかったです♪

このタルトは単独で食べるとちょっと重いかもしれませんが(フランス人には全然問題ない)、この料理の流れで食べるとペロッといただけると思います。
そういう一連のコース仕立てで献立を考えて作るのが私は大好きなんです♪

お客様帰宅後は恒例の反省会でしたが、今回はシンプル料理だったので大きな失敗はなく、私もコパンもとても満足しました。

ただ、最後の最後に気付いたのですが、オーブンの中に出し忘れたエシャロットが入っていたのが悔やまれます。

それと、今回の記事をブログに更新するにあたり、肉料理とワインを別々に紹介するのはよくない。ワインは料理があってこそ‥…なんたらかんたら‥…と言われたので、それもそうだなと反省しました。

。。。。というわけで、今回のタイトルはちょっと変です。
[PR]
by kuma-rennes | 2012-02-22 02:30 | お菓子作り
<< Viennoiseries お客様7 >>