<< 天ぷらに再挑戦 お客様7-2(デザートとワイン) >>

Viennoiseries

ピエール・エルメの新刊のレシピでクロワッサンを作りました。

この製菓本はトラディショナルなお菓子と、そこからエルメさんがインスピレーションを受けて創作したお菓子の2通りのレシピがお菓子毎に載っている面白い構成です。

今回のクロワッサンもナチュラルとイスパハン(バラとライチとフランボワーズを組み合わせたお菓子)風味にアレンジされているものがありましたが、私はとりあえず普通のクロワッサンにしました。

生地を半冷凍させる方法はコンティチーニさんと似ていますが、もちろんそのやり方や時間は異なるし、生地にバターを折り込むのも、2回に分けて行なうのは私には新製法!でした。

それで朝から8時間かけて日没ギリギリの時間に焼き上がるという大変な作業になってしまいました。
多分、私みたいに暇人のマニアでないとやる気は起こらないと思います。
e0228108_528508.jpg

焼き上がりは表面が少しパリパリしていましたが、食べてみると、甘さ、塩気、バターの風味といい、さすがピエール・エルメのレシピだなと唸るような生地の美味しさだったので、機会があればまた作ってみたいです。


そしてもうひとつは昨日作ったクグロフです。
これは今回初挑戦のレシピではなく、何度も作っている定番のジェラール・ミュロのもので、全く問題ないどころかいつもより美味しく感じました。多分、しっかり焼いたのが良かったのでしょう。
e0228108_5323797.jpg

さて、私がこのブログを初めてからこの2月で丁度一年が過ぎました。
だからといって大した意味もありませんが、ちょっとしたお遊びで私の作ったクグロフを皆さんにも食べてもらいたいと思いました。

けれどいくつか制約があります。
まず、対象者は私の住むレンヌ市内、もしくはレンヌ郊外(直接手渡しできる範囲内)にいらっしゃる方のみとなります。
そしてこれはプレゼントではなく有料になります。
それでもいいと云う方、私の作るお菓子に興味があるという方はこの記事のコメント欄にメールアドレスなどの連絡先を記入して鍵コメントで残してください。

値段はひとつ12ユーロで考えています。
大きさは6人〜8人分になりますが、2,3日は持ちます。

クグロフが好きな方、クグロフは初めてだけど食べてみたいという方、私のお菓子に興味をお持ちの方はぜひこの機会にご連絡ください。

締め切りは今月(2月)一杯で、3月のご希望の日付にお届けします。
お渡しはご住所を教えて頂ける場合はご自宅まで配達可。
レピュブリック広場で待ち合わせというのでも結構ですし、市内のカフェというのパターンも。

今回、お届け出来る範囲を限定してしまって申し訳ないのですが、”美味しさの届く範囲”を優先に考えてこのような形をとりました。

一年間、私のブログを読んでくださりどうもありがとうございました。
そしてこれからもまた宜しくお願いいたします。
[PR]
by kuma-rennes | 2012-02-23 06:33 | お菓子作り
<< 天ぷらに再挑戦 お客様7-2(デザートとワイン) >>