<< ピエール・エルメのお菓子 Terrine de Lapin >>

Sablé d'azur

ピエール・エルメのディアマンが美味しかったので、別のクッキーも作ってみたいとチョコ系を試してみました。

チョコチップクッキーがクラシックなタイプとして紹介されていて、こちらはエルメ氏のオリジナルレシピのサブレ・ダジュール。
azur(アジュール)というのは地中海のコート・ダジュールのアジュールと同じ単語で”紺碧”という意味ですが、多分、真っ青なとか、澄んだという意味合いで100%チョコレートであることを表現しているのかもしれません。
e0228108_516244.jpg

それだけに、まるでチョコを食べているかのようなチョコクッキーでした。
クベルチュールチョコをたっぷりと使い、ココアも使用しています。柚子のコンフィを加えるところを私はオレンジピールにしましたが、あとはキビ砂糖を使っているのもポイントかなと思います。

ちょっと焼き過ぎたみたいで、本来はもっと立体の形を保っていますが、私のは広がってしまいました。それで食感も随分変わってしまったのではないかと思います。
とにかく濃厚、何度も言いますが、まるでチョコを食べているようなクッキーでした。

それから今日はクグロフをまた2台焼きました。これは明日パリに行くのでそのお土産用です。
パリの友人からリクエストされていたのでまた作ることにしました。
e0228108_521717.jpg

思えば今月はこのクグロフと共に過ごしたような気がします。
あんまり張り切って少々電池切れしそうなので、私は留守番しようか迷ったのですが、肉体の疲れを癒すよりも精神のエネルギー補給をしてくることにしました。

なので、ブログはちょこっとお休みします。
[PR]
by kuma-rennes | 2012-03-22 05:28 | お菓子作り
<< ピエール・エルメのお菓子 Terrine de Lapin >>