<< Expo.Matisse お客様9 >>

Brocante des Lices

今日から夏時間に変わりましたが、私は全く気付かずに友人と一緒にレンヌのブロカントに出掛けていました。

でも、待ち合わせには遅れなかったんですよ。

何故かというと、前日の晩に家の中の全ての時計をコパンが予め変更してくれていたからです。

もしかしたら、私はこうしていつも知らぬ間にコパンに守られながら生きているのかしら‥…と今更ながら思った出来事でした。


さてさて、今日のブロカントはいつも食材の買物をしているリスの広場のホールでした。
e0228108_6565936.jpg

今回楽しみにしていたのは、ブロカントにとても詳しい友人と一緒だったからで、彼女がどういう風に見たり買ったりするのかを横で見てみたかったのです。

見ていると、気になったものはちゃんと手にとってしっかり眺め、お皿などは裏側の銘柄や産地、時代の確認を忘れずに、お店の人に色々尋ねる姿は慣れた感じでとても格好よかったです。
単純に、自分が好きで楽しんでいるというのが一番だなと思いました。

今回は割と高価なものを扱っているプロの方のお店が出店されていましたが、それはそれで古い手の込んだ綺麗なものがたくさん見られて目の保養になりました。

お店によって扱っている品物はもちろん、趣味も異なるので、好みの合うお店には気になるものがたくさん見つかりました。
e0228108_6383197.jpg
e0228108_6404335.jpg

このお店なんてとっても可愛らしかったんですよ。
アルファベットの木版にワクワクしたり、古い糸かけがこんなにお洒落なオブジェになってしまうなんて!!

ブロカントも色々あって、家庭で普通に使っていたものを安値で売るようなもっと庶民的な所もあるそうなので、機会があったらぜひまたご一緒させていただきたいと思いました。

春になって、ブロカントもこれからがシーズンということで、楽しみがまた増えました♪
[PR]
by kuma-rennes | 2012-03-26 07:13 | 旅行/散策
<< Expo.Matisse お客様9 >>