<< Cidre Rosé ピーナッツ☆シュークリーム >>

フレジエ6

ご注文を受けて18㎝のフレジエを2台作りました。

コパンと2人で食べる時はだいたい14㎝で、お客様がいらっしゃるような場合は16㎝で作ることが多いので、18㎝をしかも2台というはいつもとちょっと勝手が違いました。

ちらし寿司の時もそうだったけれど、量が増える分だけ2倍、3倍の材料を用意すればいいかというとそうでもないことが具体的によく分ったし、クリームの量が多くて、泡立て器を持つ指のまめがつぶれたりもしました。
本業の料理人やパティシエというのはまさに体力仕事ですよね。。。

出来上がりは100%の完成度とはいえないけれど、それも私の実力。
e0228108_3441862.jpg

けれど材料は厳選しているので、美味しくないわけはないと思っています。
軽いジェノワーズに、重すぎないクレーム・ムースリーヌ、そして野生のフランボワーズのリキュールを効かせて、日本人が食べても重すぎない、フランス人が食べても軽すぎないバランスを目指してみました。

テクニックではまだまだ足りないところはあるけれど、私の思う”美味しい”を届けたくて、今日も一生懸命に作りました。気に入っていただけるととても嬉しいです。
[PR]
by kuma-rennes | 2012-04-28 03:50 | お菓子作り | Comments(2)
Commented by たろちょん at 2012-04-29 05:57 x
細目の形をしたイチゴのせいでしょうか?可愛らしいはずのフレジエが、何だかとっても粋で、スタイリッシュな姿に見えました。
美味しそう!よりも、カッコイイなぁ!と思います。

厳選された材料を贅沢に使えて作れることが羨ましいです。
そして、心意気だけではかなわない、力仕事に共感します。
指の豆、想像しただけで痛さに負けそうです。
私は、注文の嬉しさよりも、体力面の弱さに勝てず、販売を諦めてしまいました。
子育てが落ち着いてから、ゆっくり趣味に時間を費やそうかとも考えましたが、それも逃げる口実かもしれません。
本当に好きならば、もっともっと研究心が深まるはずだし、身体も鍛えて対抗できるはずですもんね。
手ごねにこだわっていたパンも、手首の腱鞘炎にビビッてしまうし、やっぱり気持ちも身体も、販売するに至らないな、と。

だからくまさんの真剣な取り組みを尊敬しつつ、身体を壊さないよう心配しながら応援しています!
やっぱりくまさんみたいな人柄の表れるお菓子って、完成度が日々高まって美しいなぁ♪
次回の注文も楽しみですね♪
Commented by kuma-rennes at 2012-04-29 07:22
たろちょんさん
この苺はガリゲットという品種で形が細いのが特徴なんです。もうひとつマラデボアというのは木苺との掛け合いなんですが、丸みが合って可愛い形ですよ。
今回はこの苺を1キロほとんど使い切りました!!
フランスでも、いい材料があっても使わない人はいるし、人それぞれかなと思います。

仕事や子育てをしながらの趣味の追求は本当に大変だと思うし、もしも自分だったら出来ないかもしれません。
でも、たろちょんさんがまたやりたくなったら、それは”できる”時だから頑張ればいいんじゃないかなと思います。
まずは新しい土地に慣れて、できる事から少しずつ積み重ねていけばいいんじゃないかしら。
いつだって、やる・やらないはたろちょんさんの自由なんですから、逃げる口実も必要ないし、再開する口実もまたいらないってことです。
無理せず、自分が好きな自分でいてください♪
<< Cidre Rosé ピーナッツ☆シュークリーム >>