<< メゾン・アダムのガトーバスク Cognac >>

St.Jean de Luz

旅行2日目はコニャックから360キロ程南下して、とうとうピレネーのバスク地方に入りました!

Biarritz(ビアリッツ)から入って、そこも綺麗な街だったけれど、海沿いをもう少し下ったところにある
サン・ジャン・ド・リュスの方が町の大きさや規模からいって好みでした。
漁師町で少しのんびりした感じが良かったんですよね。。。
e0228108_502680.jpg

ここでは通りに出ていた適当な店でお昼を食べました。
chipiron(シピロン)という小振りのイカの料理がバスクではよく食べられるというので、見つけたら絶対に食べようと思っていたら、早速見つかりました。
そしてこちらもスペインやバスクの名物、イベリコ豚の生ハムも一緒にいただきました。
添え物の青唐辛子の酢漬けがなかなか美味しくて家用に買ってかえりましたよ♪
e0228108_51535.jpg

どちらもオントレ(前菜)なんですが、軽いお昼には2人でこれをシェアして丁度よかったです。

広場の写真も撮りましたが、目をこらすと奥に黒いひさしのお店が見えませんか?
そこはこの町で有名なお菓子屋さんのようで、広場に面していて、ちょっと高級な佇まいのお菓子屋さんに外れはないので、私達はここでガトーバスクを購入することにしました。
e0228108_543916.jpg

‥…と、ここで引っ張ってすみませんが、ガトーバスクのお話は次回につづきます♪
[PR]
by kuma-rennes | 2012-06-01 05:16 | 旅行/散策
<< メゾン・アダムのガトーバスク Cognac >>