<< 味噌と麺 Sarlat >>

ペリゴールの食べ物

ペリゴールの食べ物はフォアグラとトリュフが有名ですが、他にもそのフォアグラをとる鴨もよく食べられます。
フォアグラの鴨のフィレをMagret de Canard(マグレ・ド・カナール)といって、そのフィレ肉の薫製もよく見かけますよね。

ピレネーからToulouse(トゥールーズ)を通って高速を200キロくらい北上したあたりにサルラの町がありますが、そこに着く手前のGourdon(グルドン)という町でお昼を食べました。

簡単にサラダを頼んだのですが、それもやはりペリゴールらしくて、鴨のフィレの薫製肉や砂肝のコンフィなどがあってなかなかボリュームがありました。
e0228108_1153967.jpg

それから夜はサルラのレストランで食事をしましたが、この日は月曜日で祝日だったこともあり、お目当てのレストランはお休みだったので、別のところを探して入りました。

ここのレストランもそんなに悪くはなかったけれど、飾りのハーブを使い過ぎていたり、見た目をちょっと意識し過ぎている気がしました。
e0228108_118458.jpg

私のは豚足にフォアグラのポアレが載っているのですが、お皿が長細くって食べにくかったのが難点でした。
コパンはコパンで前菜を2品頼むという変則技をしていて、メインにフォアグラのポアレを食べていました。
フォアグラはやっぱり美味しかったです♪
e0228108_1195825.jpg

そしてここで飲んだワイン(Bergeracのワイン)がなかなか美味しくて、コパンは「今回の旅行で飲んだ中で一番美味しかった。」と言っていました。

トリュフは今の時季ではないので食べられなかったけれど、シーズンにはその辺のあちこちの店でトリュフのオムレツが出されて、それがとっても美味しいんだそうです。

私はこのトリュフのオムレツを夢見て、冬場にまた絶対に来ようと心に誓いました!!
[PR]
by kuma-rennes | 2012-06-14 01:33 | 旅行/散策
<< 味噌と麺 Sarlat >>