<< 小鳥がね‥… Couteax >>

ソシソンとシポラタ2

日曜はちょっと手抜きの夕食でソシソン(ソーセージ)を食べました。

フライパンで焼くだけのシンプルな一品ですが、この分厚いソーセージを焦がさないで中までゆっくり火を通すのがポイントだと思います。
シポラタはもっとずっと細いので焼きやすいけれど、ソシソンの方が分厚くてジューシーで私は好きです。
e0228108_5223644.jpg

中の挽肉はソシソンもシポラタも同じ豚肉ですが、詰めている皮が違って、太いのは豚で細いのは羊の腸になります。

添え物にはグリンピース、王妃のいんげん、小玉葱、人参、じゃがいもをココットで火にかけたJardinière(ジャルディニエール=庭師という意味の、いわゆるミックスベジタブル)にしました。新鮮な生の野菜から作るJardinièreはやっぱり美味しと思いました。

お昼には昨日食べ切れなかったナイフ貝を、オマール海老用に作ったトマトソースと合わせてパスタにしました。
e0228108_5254589.jpg

この貝は弾力があって食べ応えはありますが、アサリなんかの方が身が繊細でいいかな〜と思うので、大勢が集まるような時に大皿でおつまみっぽく出すのがいいかもしれません。

今回はトマト自体がとても美味しかったので、このトマトソースが大変美味でした♪

ラストはアーモンドクリームのちょっと足りなかった杏のタルトです。(なので小さく載せましょう。)
家用の残りもの使用なので、そのまま焼き上げてしまいました。
アーモンドクリームにほんの少しマスカルポーネチーズを加えたら、コクと爽やかな酸味が加わりました♪
e0228108_5292868.jpg
[PR]
by kuma-rennes | 2012-07-02 05:38 | 料理 | Comments(2)
Commented by たろちょん at 2012-07-02 09:34 x
杏のタルトが、ミッキーマウスの顔みたいに見えましたd(⌒ー⌒)!
あのソーセージ、バーベキューの時に焼いて、みんなで食べてみたいなぁ!
CMで、でっかいソーセージを豪快にパンに挟んでいたので、夫が真似してみたいんですって(笑)
杏やプラムの時期になると、くまさんの日記を見て、何度も何度もタルトを焼いたのを思い出します♪
季節のタルトはやっぱり美味しいですもんね!
Commented by kuma-rennes at 2012-07-02 20:56
たろちょんさん
そうなの!ミッキーみたいに置いてみたのよ。
これからの季節は果物が美味しいから、こういう焼きっ放しのタルトも美味しいですよね。

バーベキューの時はもっぱらチポラタの細い方を焼くことが多くて、これと一緒にメルゲーズという羊肉の細いソーセージがツインで出てくるんですよ。
でもこの前のレンヌのブラッドリーの時は通りでこのソシソンを炭火で焼いて販売していました〜。
<< 小鳥がね‥… Couteax >>