<< ベリーのマフィン ピエール・エルメのお菓子2 >>

苺のシャルロット3

土曜日は友人宅に食事を招かれていたので、デザート用に苺のシャルロットを作って持っていきました。

これはその友人のリクエストで、ヴァニラと苺系のムースということだったので、その2層のバヴァロアにしました。
e0228108_2015473.jpg

トップには苺とブルーベリーと桑の実を載せましたが、ビスキュイとムースと果物だけでは存在感が薄いので、別に苺のクーリを持参して食べる時にかけました。

果物の下に苺のジュレを層にしても良かったけれど、友人のリクエストではヴァニラが主体みたいだったので、苺の味が強過ぎてもいけないかと思って。。。


そして御馳走になったのは”お好み焼き”で、実はこれは私からのリクエストだったんですよね。
関西の家庭の本格お好み焼きが食べたかったのです。
e0228108_20175489.jpg

思いがけず、たこ焼きまで登場したのはさすがだと思いました。
美味しくてお腹一杯の楽しい夜でした♪
e0228108_2019447.jpg
[PR]
by kuma-rennes | 2012-07-15 20:28 | お菓子作り | Comments(6)
Commented by たろちょん at 2012-07-15 22:13 x
うわー!!豪華な豪華なシャルロットですね。たしかに、苺のクーリが、全体の統一感を出してくれますね。
今、頭の中で味や食感をイメージしてみて、果物とムースを、クーリが潤滑油となってバラバラにならないように包み込むような感じがしました。
くわの実も、こんな風に飾ってもらえたら幸せ!というくらいセンスよく配置されていて、このまま本の表紙にしたいくらい素敵なデザートだと思いました。

たこ焼きも、お好み焼きも美味しそうです。
久し振りに「たこパー」したくなりました♪
Commented by ひろあ at 2012-07-15 22:32 x
四角いシャルロットがステキです!
桑の実って、見た感じがブラックベリーみたいですけど、ブラックベリーとは違うんですか?
こちらでは苺が終わってしまっているので、とてもうらやましいスイーツです。

お好み焼きも、かつをぶしが踊っている感じが伝わってきて美味しそう!
関西風の本格的お好み焼き、私も食べたいです。
Commented by kuma-rennes at 2012-07-16 03:46
たろちょんさん
このバヴァロアはゼラチン量ギリギリのゆるいものなので、切り分けると崩れそうになりましたが、味重視で作りました。
アントルメの完成度としてはジュレの層にした方が良かったのかもしれないけれど、自分も同席する場でのデザートだったのでクーリにしました。
最近はあれこれ自分で考えて作れるのが楽しいですね♪

たろちょん家では「たこパー」なんてするんですか!?
東北でも”自宅でたこ焼き”するんですねぇ!!!

Commented by kuma-rennes at 2012-07-16 03:51
ひろあさん、こんにちは!!
四角くしたのは、単にその方が容量が増えると思ったからですが、四角いセルクルは高さが低かったので結局同じだったみたいです。
でも、ビスキュイの成形は四角い方がやりやすいですね。

桑の実はブラックベリーのことですね。それが英語で、仏語ではmûre(ミュール)といいます。

お好み焼きは確かにこの鰹節がいい味を出していました。
餅入りもあって美味しかったですよ♪
Commented by Vicugna at 2012-07-16 10:12 x
kumaさん
とってもご無沙汰しています。春から忙しくなってしまって、自分のブログも結構放置気味だったりして…
久々に遊びにきたら、やっぱりkumaさんの素敵なお菓子と生活の様子で癒されてしまいました♪
お菓子の会も人数が増えて、楽しそう。それぞれ違うテーマで行うのは大変そうだけど、kumaさんのお料理やお菓子が更にグレードアップしていきそうですね☆
旅行の話しも、時間をみて読みたいなーと思ってます。
Commented by kuma-rennes at 2012-07-16 17:56
Vicugnaさん
お久し振りです。お忙しいのにコメントありがとうございます!!
忙しい時は自分のブログも他人のブログも放置で構わないと思いますよ。自分のペースでイン/オフできるのがネットの世界のいいところかなと思います。

お菓子の会も少しずつ軌道に載ってきているんですよ♪
テーマが異なっても”私流”でいけばいいかなと思っているので、そう気負いはしていませんが、逆にその”私流”がなくなったら内容が単調になりそうなので気をつけたいです。

ピレネーの旅行はとっても良かったので、時間ができたらぜひ見てくださいね〜♪
<< ベリーのマフィン ピエール・エルメのお菓子2 >>