<< Océanopolis RiOJA☆Magnam >>

お客様12

昨日はパリから友人が遊びに来たので張り切って食事を用意しました。
e0228108_4314251.jpg

といっても、メインはChâteau Malescot St.Exupéry/2000年のワインだったので、それに合わせてグリンピースのスフレと骨付きの子牛肉のローストを用意しました。

これはボルドーのマルゴー地区の3ème Grand Cru Classéで、コパンが大切にカーヴにとっておいたお気に入りのワインです。
このワインを初めて飲んだ時からコパンのワイン人生が始まったといっても過言ではないくらい、ワインの美味しさにはまってしまったそうです。
e0228108_4271044.jpg

料理ともよく合っていたし、しっかりした味でありながらフルーティさもあって、マルゴーらしい特長を備えた素晴らしいワインでした。

料理の方は、肉の火入れも丁度よかったけれど、お客様には特にスフレが喜ばれました。
スフレはグリンピースを丁寧に裏ごしして時間がかかったので、気に入ってもらえて良かったです。

そしてデザートはニ・ダベイユ。
e0228108_42909.jpg

木苺がなかったのでフランボワーズで代用しました。
これを出して食べる時のお客様の顔が子供みたいに輝いてたので、もう言葉の感想は必要ないくらいに報われた気がしました。

久しぶりの再会だったので、顔をみた途端に気持がほころんで、とってもとっても嬉しかったです♪
[PR]
by kuma-rennes | 2012-08-12 04:37 | 飲み物 | Comments(2)
Commented by moko-scafe at 2012-08-13 02:46
Kumaさんこんばんわ☆
フランスでは、友人宅に招かれたり友人を招いたりすることが多いようですね~。季節も暖かくなってきましたし、これからはどんどんそういう機会も増えるのでは!?ますますワインとケーキとグルメ料理おの日々が増えそうですね♪ 
以前中村江里子さんの本にはまって、彼女の本を全部読んでいたので、フランス人のパーティーの様子はなんとなく頭で想像しているのですが、ワインといいお食事といい、そしてゆったりと友人たちとのひとときを楽しむ姿といい、日本人とはまた違ったカルチャーで格好いい!と思ってしまいました。
Commented by kuma-rennes at 2012-08-13 19:53
mokoさん、こんにちは。
今はみんなヴァカンス中で不在の人も多いのですが、ヴァカンスでブルターニュに遊びに来る人が寄ってくれたりもするので、今回のような嬉しい再会が実現しました。

そうですね。フランスでは自宅に友人を招く機会が多いかもしれません。その方が絶対にお互いの距離が近くなるので、いいことだとは思いますが、私にとっては先週はフランス語強化週間みたいでしたー!
マレーシアではどういう感じなのでしょうか?
<< Océanopolis RiOJA☆Magnam >>