<< 苺のお菓子 ちょっと食べたかったもの >>

ポークビーンズ

土曜日のリスのマルシェでCoco de paimpolというブルターニュのパンポール産の豆が出ていたので買っておきました。(↓写真は左手前です。)
e0228108_4442225.jpg

こういう豆類は乾燥させて保存食にできるので、生のものは今の短い時期にしか手に入りません。
今回、私が購入したのは半乾燥ということでしたが、それでも水に戻して柔らかくする必要はないし、完全に生のものよりも少し長く保ちますね。
e0228108_446725.jpg
新鮮なものは白地にピンクのマーブル模様でとても綺麗ですが、時間がたつと白くなっていき、加熱するとまた模様は消えてしまいます。

今週に入って急に秋らしく心地よい気候になってきたので、今日は豚の三枚肉とジャレ(膝の部位)の半塩漬けの肉と一緒に煮込んでポークビーンズにしました。

半塩漬けの場合は完全に塩漬けした肉と比べると、水で軽く洗えばすぐ使えるということですが、私は1時間程水に漬けて軽く塩抜きしてから使いました。この方が優しい味になります。

e0228108_4465579.jpg
2人分なのであまりたくさん肉の種類は使えなかったけれど、他にもソーセージなどを入れたらもっと楽しいだろうと思いました。

先週末の買物は、他にもこの夏初のスイカを買ってみたり、16,8ユーロ/キロとこの夏最安値だったオマール海老は普通に茹でて手づくりマヨネーズと一緒に食べたのが美味しかったのと、牡蠣はフライにし、トマトはあえて不揃いなのを選んでおひたしにしてみたりして、なかなかヴァラエティ豊かな食卓となりました♪
[PR]
by kuma-rennes | 2012-08-23 05:05 | 料理 | Comments(2)
Commented by たろちょん at 2012-08-24 15:26 x
くまさん、こんにちは♪
キレイな模様の豆ですね。加熱すると模様が消えてしまうなんて、ちょっともったいない感じがします。
パリで食べたレストランの料理の付け合わせに、ものすごい量のレンズ豆が出てきたので、そちらでも豆のレシピは豊富なのでしょうか?
スイカ、可愛らしいサイズですね。
我が家は岩手の滝沢スイカが大好きで、あの食感を毎年楽しみにしてます。
今年も帰省中に義母がたくさん用意してくれていましたが、お土産に持ち帰ったものまで、あっという間に食べきってしまい、それでも足りなくて、山形の尾花沢スイカを買ってきました。
そちらのスイカは何か特徴ありますか?
種類は多いですか?果肉の色とか、固さとか?
私は昔、ばあちゃんの畑でとれた果肉が黄色のスイカが大好きでした。
スイカの果汁を凍らせて、かき氷にして食べたいなぁ♪
Commented by kuma-rennes at 2012-08-24 23:54
たろちょんさん、こんにちは!
そうなんです。模様が消えちゃうのは勿体ないですよね。でもそこが生の、旬の良さなのかもしれませんね。
フランスではけっこう豆料理が食べられていて、レンズ豆は小さいから調理しやすいですよね。
南の方ではカスレといって鴨肉と一緒に煮込んだ料理が名物です。

スイカに関してはたろちょん博士には敵わないですね。
これはフランス産ではないんじゃなかいと思います。
小振りなので種も小さくてそのまま食べれる感じでした。
色は赤みが濃くて甘かったです。
やはり夏に一回は食べたいですよね♪
<< 苺のお菓子 ちょっと食べたかったもの >>