<< 賑やかだった2日間 洋梨のタルト >>

NId d'abeilles 3

ご注文を受けて18センチのニ・ダベイユを作りました。
e0228108_5511713.jpg

毎年これを1台作るのがやっとだったけれど、今年はもう3回目なので随分コツが掴めるようになりました。
あともう1台予約が入っているので今年はそれでおしまいにするつもりですが、大変だと思っていたことも繰り返すうちにそれ程ではなくなっているので、経験って大事だなとつくづく思いました。


さて、パリからお客様が遊びに来ているので少しバタバタしています♪

今回は若カップルにおチビさんの3人組で、若い人達には”牛肉”を食べさせるのが一番だろうとローストビーフとバスク風の温野菜を用意しました。
e0228108_552351.jpg

これは少し前に”料理とお菓子の会”で実演したまんまなんですが、実際に私は自分がよく作って食べるものを普通にそのまま実習内容にしています。

今回はいきなりメインを持ってきたので、チーズも出して満腹にさせる作戦でした。
余るかと思った肉や野菜も綺麗に平らげてくれたので、やっぱり若者には”牛肉”で正解だったと思いました。
e0228108_5533654.jpg
[PR]
by kuma-rennes | 2012-08-30 06:00 | お菓子作り | Comments(2)
Commented by lotus at 2012-08-30 20:04 x
きれいですね~!今まで登場したニ・ダベイユも素敵でしたが今回の写真を見た瞬間、あ、一番好きかもv と感じました。
何でかな?と考えて過去のニ・ダベイユ画像も再度見てきましたが
アーモンドヌガーの貼り方が違う?今回はケーキ側面のカーブに沿う感じですよね?真上からの写真なのでそれが全体を整った風に見せているのでしょうか。
パリパリしたヌガーを曲線に沿わせるのは難しそう。ホント綺麗です!
Commented by kuma-rennes at 2012-08-31 00:00
lotusさんはよく見てくれていますね〜。
確かにヌガーがちょっと柔らかかったので、カーブに沿う感じに貼付けました。
それと、高さも低くしたんですよ。箱に入れた時にひっかからない為です。
このお菓子はヌガーの貼り方で表情が変わりますよね。
私はもっと雑にギザギザした感じが好きなんですが、今回は大人しくしてみました。

<< 賑やかだった2日間 洋梨のタルト >>