<< 料理とお菓子の会⑯”栗のロール... ポトフ2012 >>

レーズン食パンの反省

夕食は昨日の残りのポトフを食べるつもりだったので、暇だった私は久しぶりに食パンを焼くことにしました。

いつもとはちょっと変えてレーズン食パンにしたのですが、私の場合はレーズンはすぐにラム酒に漬けてしまうので、ラム酒の風味が出てしまうのと、一緒に漬け込んだ他の乾燥フルーツも混ざっています。
今回は白黒3種類のレーズンに、杏、無花果、プルーンにマンゴーが入っています。
e0228108_3384545.jpg

ネットでレーズン食パンのレシピを検索したところ、粉250gに対してレーズンは60〜80g程度だったので私は(粉300gに対して)100gにしたのですが、焼き上がって切ってみると全く見当たらない寂しい結果になりました。

フルーツが大きかったことも原因ですが、レンヌのパン屋さんのレーズン食パンは物凄い量のレーズンが入っているので、今回は自分のケチさ加減に唖然としました。

というわけで、コジックオッシュのパン屋さんのレーズンパンは非常にリッチなのでお勧めです。
コジックは確か生地がブリオッシュなのでよりリッチなんですよ〜。
オッシュのパン屋さんはカンパーニュ系で味わいが高くてチーズと合いますね。ここのクルミ入りのパンも私は大好きです!
e0228108_3393520.jpg

自分の食パンもなかなか美味しかったけれど、型の大きさを変えると焼き上がりが全く違うので、もっと研究しないといけません。。。

いずれにしても、自分でレーズン入りの食パンを作る場合は200gくらいレーズンを入れないとレンヌのパン屋さんには敵わないと思いました。
[PR]
by kuma-rennes | 2012-10-18 03:45 | 美味しいお店/レストラン
<< 料理とお菓子の会⑯”栗のロール... ポトフ2012 >>