<< チーズとソーセージとワイン お誕生会♪ >>

苺のエクレア

ショートケーキで残った苺をどうしようかと考えてエクレアにしました。

今回はちゃんとフォンダンをかけました。
でも、正直、ただ作っただけ‥…という感じですが。。。
e0228108_1245127.jpg

シュー生地を均一に絞るのと、やはりフォンダンのかけ方をもっと丁寧に練習したいなと思いました。
今度は定番のチョコかコーヒーで作りたいです♪


それから一昨日の土曜日はまた鍋を食べました。

翌日は友人宅での食事を控えていたので、万全な体勢で望もうと、前日はほんの軽ーい食事にしようとコパンと話していたのに、マルシェに行くとついあれもこれも欲しくなって、結局は少しも軽くなりませんでした。
e0228108_126951.jpg

それに今回はどうしても最後の雑炊が食べたかったので、なんだかんだいつも以上に食べてしまったというわけです。

でもその雑炊が五臓六腑に染み渡るような美味しさだったので、食べ過ぎても後悔はないと思いました。
[PR]
by kuma-rennes | 2012-11-06 01:42 | お菓子作り | Comments(2)
Commented by popo-panbiyori at 2012-11-06 22:05
前記事では教えて頂いてありがとうございました!
すごく納得で、勉強になりました。
フランス料理には甘いスイーツが合うのですね。風土や生活に適した食事になっていくとうのは、まさにそういうことなのでしょうか。
日本にいるフランス人にお菓子を差し上げるときに、
甘い方がいいのかなぁと思ったりするのですが、結局自分のレシピになってしまいます・・・(^^;)

エクレア、とってもかわいい色合いで美味しそうです!食べるのがもったいないくらいのかわいさです。
本当に、パティスリーにあるようなお菓子ですね☆
Commented by kuma-rennes at 2012-11-07 01:04
popo-panbiyoriさん
日本にいるフランス人にお菓子を差し上げる時‥…逆にフランスにいる日本人に喜ばれるのはやっぱり軽いお菓子でもあるので、その点を少し考慮して作ると喜ばれるというのはあると思います。
でも、お菓子って甘さの強弱が全てではないんですよ。
フランス人は粉の味、バターの味をちゃんと味わうので、香りのある美味しいバターを使うことや、粉を使い分けてみることもひとつの手だと思います。
例えば、フランスのお菓子には中力粉を使うことが多いのですよ。
それでも、迷った時は自分が一番美味しいと思うお菓子を作るのが一番だと私は思いますよ。

エクレアはもう少し長細くしてフォンダンも細めにつけるといいかなと思いました。
普通の家の冷蔵庫の中にこんなまッピンクのエクレアがあると作った自分でもちょっとびっくりしますね♪
<< チーズとソーセージとワイン お誕生会♪ >>