<< Grondin 初めての狩り☆コパン編 >>

鳩の白ワイン煮

コパンが狩りから持ち帰ってきた野生の鳩(Pigeon)を食べることになりました。

でも、皆さん、すごい!とコメントくださったけれど、全然すごくはないんですよ。
ただ、羽をむしって内蔵を取り出したコパンはちょっと頑張ったけれど、私の方はそれを丸ごとココットで煮ただけですから。。。(↓写真は下処理してバーナーで焼いたところ)
e0228108_625913.jpg

まず、焼き目をつけてから玉葱、白ワインも加えて1時間程蒸し煮にしました。私は赤ワインの方がポルト酒を加えてもいいし、いいんじゃないかな〜と思ったのですが、今回はコパンの狩猟仲間の云う事に従うことにしました。それに栗とシャントレル茸も加えちゃいましたけどね。

出来たものはそのままお皿に載せてワイルドにいただきました。
e0228108_6478.jpg

ジビエってかたくて脂はのっていないので、家で作って食べてもそんなに美味しいと思ったことはないのですが、肉の味が濃いのは確かだし、臭みもほとんどないんですよね。
とにかく美味しく食べたい場合は、ある程度よいレストランに行くのが一番かなと思います。


それから昨日はガトーバスクも作りました。
e0228108_653762.jpg

小振りのセルクルを仕入れたので、それで作ってみたいと思っていたのです。大きいとなんだかありがたみに欠けるような気がして‥…
中はサクランボのジャムが本式だけれど、丁度、カシスのジャムがあったので入れました。

これは最近稀にみる美味しい焼き菓子となりました!!
コパンはもちろんお代わりしていたし、今日のゴルフのおやつにも大好評だったみたいです。
[PR]
by kuma-rennes | 2012-11-18 06:15 | 料理
<< Grondin 初めての狩り☆コパン編 >>