<< 料理とお菓子の会No.26”B... マロンのビュッシュとその他 >>

シャポンのお祭り

レンヌから南に25キロ下ったJANZÉ(ジャンゼ)という町でシャポンのフェット(お祭り)があったので友人家族と一緒に見てきました。

シャポンというのは去勢して太らせた雄鶏のことで、大きくて柔らかいのが特長です。
フランスでは大人数の集まるクリスマスによく食べられるので、その頃に合わせてビールを飲ませるなど特別な方法で飼育されます。
ジャンゼの鶏やシャポンは有名で、私も今迄食べたことがないので今年はちょっと食べてみたいと思って興味津々で出掛けて行きました。
e0228108_1104545.jpg

まず、町の中心地にある教会の前でパチリ。鶏の町だけあってこんなシンボルがあります。

会場の中では、シャポンの直売はもちろん、若いキュイジニエの鶏料理のコンクールが行なわれていたり、鶏肉の切り方のデモンストレーションを見られたり、プチ・ファームで生きたチャポンやひよこを見られるブースもありましたよ。
e0228108_1205198.jpg

そしてこのひよこ達がとっても可愛かった!!!
e0228108_1183293.jpg

今日の直売でシャポンを購入すると2〜3日しか保たず、クリスマスには間に合わないので、レンヌの肉屋さんで注文した方がいいと言われました。

何しろ大きいので、一羽で10人前くらいはあります。
クリスマスの頃に改めて友人家族と一緒に食べることにしたので今からとーーーっても楽しみです♪
それまでにシャポンの美味しい料理方法を研究しておこうと思います。
[PR]
by kuma-rennes | 2012-12-17 01:29 | 旅行/散策 | Comments(0)
<< 料理とお菓子の会No.26”B... マロンのビュッシュとその他 >>